心地例ならず侍りける頃、人のもとにつかはしける

あらざらむ この世のほかの 思ひ出に
 今ひとたびの 逢ふこともがな

              ――和泉式部  「後拾遺和歌集」


<直訳>
病気がいつも通りよくないころに、好きな人のもとへ贈った歌

私はまもなく死んでしまうことでしょう。
あの世への思い出(冥土の土産)に、
いま一度、あなたに逢ってから死にたいものですわ。



・文法など
「あらざらむ」=「ある」+打消「ず」+推量「む」
→「存在する」+「〜ない」+「〜だろう」
⇒「生きていないでしょう」の意

「この世のほかの」
→「この世」の「外(ほか)」
⇒「あの世」の意

「もがな」=願望を表す終助詞。


<和泉式部>
情熱的な恋愛の歌を多く詠んだ。
彼女と夫(保昌)の逸話により、京都にある貴船神社は縁結びの神社として有名。

まず、橘道貞と結婚するも数年で破局。
このときに儲けた子が、小式部内侍(第60番歌の詠み人)である。

その後、時の冷泉天皇の第3皇子の為尊親王と恋仲に。
身分の違いから結婚することもできず、為尊親王が病死される。

為尊親王の死後は、親王の同母弟(第4皇子)の敦道親王と交際。
この敦道親王もまた早世され、それ以後は中宮彰子に仕える。

晩年は、藤原保昌と再婚する。
保昌は「今昔物語集」の袴垂(当時の大盗賊のボス)との一説で有名な人。



<♂と♀シリーズ第4弾>

〜文化祭当日の劇中にて〜

『中関白様・・・』
♂『君のことは忘れないよ。。。』

〜中略。劇は大団円へ〜

♀『あなた様とは共に忘れないと約束したのに、
  私は病気になり、もうよくはならないのでしょう。
  死んでしまったとしても、私のことは忘れないでください。
  でも、この世の思い出にもう一度だけでもいいから、
  あなたともう一度だけ一緒に一夜を過ごしたかった。
  どうして、あなたの心は変わってしまったのでしょう。あぁ、樹さま!』

♂「・・・ばっ、それオレの名前だ」

〜ここにて幕〜

♂「ちょ、恵。最後なんなんだよ。」

♀『幼少の頃より、お慕え申していますのに、
  どうしてお気づきになられないのでしょう。
  どうして私の方が先に想い始めたのに、違う人を見るのでしょう。』
♂「もう、終わっただろ!」

♀『私はいつでも樹さまをお慕え申しています。
  今一度あなたと会いたいと思っております』
♂「なんでオレが主役かわかったぜ・・・。」


♂「ハメられた。クラス全員グルだな・・・!」

スポンサーサイト

中関白通ひそめ侍けるころ

忘れじの 行く末までは かたければ
 今日をかぎりの 命ともがな

            ――儀同三司母(ぎどうさんしのはは) 「新古今和歌集」

<直訳>
中関白(藤原道隆)がちょくちょくと自分の所に通うようになったころ

「いつまでも忘れないよ」と言うあなたの気持ちが、
この先ずっと永遠に変わらないということは難しいので、
そう言われたこの今日までの命であったなら、どんなに幸せであることか。。。



・背景および文法など
「忘れじの」=”忘れじ”+格助詞「の」
→”忘れじ”は中関白の言葉。「の」=〜という
⇒「忘れまい」という

「かたければ」=「難し(かたし)」の已然形+接続助詞「ば」
→已然形+ば=(ので、から、と、ところ)と訳す確定条件の意
⇒難しいので

「かぎり」=最後、最終の意味
「もがな」=”〜だったらなぁ”という願望を表す終助詞。


詞書(ことばがき)にあるとおり、藤原道隆がちょくちょくと
自分の所に通うようになったころに、嬉しくて詠んだ歌のようですね。

現代のように”失恋したから死ぬ”ではなく、
この時代だと”このMAX幸せのまま死にたい”なんですね。


<♂と♀のシリーズ第3弾>

〜(設定は)文化祭前日〜

♀「もう台詞覚えた?」
♂「ぬぁ・・・、びみょ・・・」
♀「・・・アンタね〜、もう本番明日なのよ」
♂「つっても、ただの高校生の演劇じゃねーか」
♀「でも、私たちが主役なんだから、クラスに迷惑かけられないじゃない」
♂「なんで、オレが主役なんだ・・・」
♀「だから、クジで負けたんだから仕方ないじゃない」
♂「普通、こーゆーのって主役やりたがりがいるもんじゃ・・・」
♀「いなかったから、クジで負けた人がやることになったんでしょ」
♂「なんか、オレが負けるように仕組まれたみt」
♀「気のせいよ」


♀「ほら、最後のシーンの合わせやるわよ」
♂「台本見ながらでいいだろ」
♀「明日までに覚えられるならね」
♂「へいへい」

♀『あぁ・・・、中関白様・・・』
♂『君のことはいつも想っているよ』
♀『ありがたきお言葉。このまま死んでしまってもいいくらい嬉しいですわ』
♂『ははは、そんなたいそうな』

♀「ちょっと大根。棒読みすぎるわよ」
♂「ねーよ。笑うのを必死にこらえてやってんだぞ・・・」
♀「なーんで、こんないい話を笑っちゃうのよー!」
♂「だって、相手がお前だと思うと、わらけてしょーがない」
♀「なっ、なによ。それっ、どういう意味よ」
♂「やー、いつも一緒にいるからな。急にラブラブな雰囲気にはならんな」
♀「・・・そっかそっか。私、女っぽくないもんね」
♂「それくらいで拗ねんな」
♀「いいもーん。」
♂「わかった。オレが悪かったって。」
♀「つーん」
♂「あげあんぱん2個で許してくれ」
♀「やだ。」
♂「なんでだよ」
♀「もう1回セリフ通しの練習する。」
♂「怒ってんじゃないのかよ」
♀「ヒロインの名前、私の名前に置き換えて読みなさい」
♂「げっ・・・」
♀「できないなら、スペシャルサンデーだから」
♂「・・・・・・わかった」

入道摂政まかりたりけるに、門を遅く開けければ、
立ちわづらひぬと言ひ入れて侍ければ

嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は
 いかに久しき ものとかは知る

               ――右大将道綱母  「拾遺和歌集」


<直訳>
入道摂政(藤原兼家)がいらしたときに、
門をなかなか開けずに、ゆっくりと開けたところ、
「立ち疲れてしまったよ」と言って入ってきましたので

私の元に通ってきてくれないことが悲しくて、
嘆きながら一人で眠る夜が、明けるまでの間、
どれほど長いことかあなたは知っているでしょうか。
いや、知らないでしょう(反語)。



・文法や背景など
「かは」は反語を表す係助詞。結びの語は「知る(連体形)」。


作者の右大将道綱母は「蜻蛉日記」の作者です。
夫の藤原兼家が自分以外の女のもとに通っていることを知り、
兼家が通ってきたときに門を明けなかったときに詠んだ歌。


「蜻蛉日記」での本文はこちら。
二三日ばかりありて、暁方に門をたたく時あり。
さなめりと思ふに、憂くて、開けさせねば、例の家とおぼしき所にものしたり。
つとめて、「なほもあらじ」と思ひて、

嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は
 いかに久しき ものとかは知る




この現代語訳です。

2、3日ほどして、明け頃に門をたたかれることがあった。
「兼家がきたんだな」と思うと不愉快で、門を開けさせなかったところ、
件の家と思われるところに通っていった。

翌朝、「このままでは済ませられないわ」と思ったので、

(以下略。上記<直訳>を参照ください)


と詠んで、兼家に送ったそうな。



<hの実情に合わせた意訳>
あなたと連絡が取れない期間は、
怒っているときか、気分が沈んで合わせる顔もないとき。

確かに、連絡が取れないときは悲しいものです。
私がそうなのですから、あなたも同じ気持ちになるでしょう。

しかし、あなたとは釣り合わない人間であることが悲しくて。
どうしてもあなたを引き止めたいから、無理にでも就活をして。
それでいて、人間が未熟だからと毎度毎度面接で落とされて。

こんなことを考え出すととまらなくなって、
いつの間にやら泣きたくなって、泣くのも止まらなくなる。
そんなとき、眠るまでにどれほど辛い気持ちが続くか。

こんな気持ち、あなたは知っていますか。
いいえ、知らないでしょうね。

だって、私は悔しくてひと言も口に出していないのですから。。。
女のもとより雪降り侍ける日帰りてつかはしける

明けぬれば 暮るるものとは 知りながら
 なほうらめしき 朝ぼらけかな

               ――藤原道信朝臣  「後拾遺和歌集」


<直訳>
雪が降ります日に、女のもとより帰ってから贈った歌

夜が明けるとまたやがて日が暮れるものとは知りながらも、
それでもやはり恨めしく思う夜明けだなぁ。



・文法など
「明けぬれば」
=「明け」+完了の助動詞「ぬ」の已然形+接続助詞「ば」
⇒(夜が)明けると

「朝ぼらけ」
朝、ほのぼのと明るくなってきたころ。
時間的にはよりかは少し後。
女にはじめてつかはしける

かくとだに えやはいぶきの さしも草
 さしも知らじな もゆる思ひを

              ――藤原実方朝臣  「後拾遺和歌集」


<直訳>
女に初めて贈った歌

こんなにもあなたのことを思い慕っているということだけでも、
言いたいのだけれどもどうして言うことができるだろう。

だから、あなたはそれほどとはご存知ないでしょうね。
伊吹山のさしも草のように燃える私のこの想いを。



・文法など
「いぶきのさしも草」は「さしも」にかかる序詞。
「さしも草」、「もゆる」、「ひ(火)」は縁語。


「かくとだに」
=「かく(≒such)」+格助詞「と」+係助詞「だに」(=〜でさえ)
⇒このように〜さえ

「えやはいぶき」
=副詞「え」+係助詞「やは」+いぶき(「言ふ」と「伊吹」の掛詞)
⇒どうして言うことができようか。

「さしも草(ぐさ)」=艾(もぐさ)のこと

「さしも知らじな」
=「さ」+副助詞「しも」+「知ら」
 +打消推量の助動詞「じ」+詠嘆の終助詞「な」
⇒そのようなことなんて知らないのだろうなぁ

「思ひ」は、「火」との掛詞の意もある。



<hの実情をあわせた意訳>
私は口下手だから、「あなたのことだけを想っています」ということを、
伝えることもうまくできない。

私は奥手な人間だから、「あなたが好きだ」という気持ちを、
態度や行動で表現することもできない。

だけど、私はあなたのことが好き。


でも、どうしてあなたは私が浮気をしているっていうの?
なんで、どうしてわかってもらえないの?

あなたが「帰れ」というから、雨の中を傘もささずに帰ったよ。
でも、何にもわからなかった。


もう燃え尽きるかもしれない。
女のもとより帰りてつかはしける
君がため 惜しからざりし 命さへ
 長くもがなと 思ひけるかな

             ――藤原義孝  「後拾遺和歌集」


<直訳>
女のもとから帰ってきて贈った歌

あなたのためなら死んでも惜しくないと思ったこの命も、
逢えた今となっては惜しくなって、長くあってほしいと思うことだ。



・文法など
作者の藤原義孝は、謙徳公(藤原伊尹)の子



<意訳っぽいもの>
あなたは愛する人のために命を投げ出すことはできますか。

これだけを聞くと、ドキッとする方もいられると思います。


まぁこういう私も、ちょっと前まではできたかもしれないですね。

1回口論になったときに、怒ってマンションの5階から、
自分の身を投げずに、自分の荷物を投げ捨てたこともあります。
1階の住人の方、うるさくしてごめんなさい。


「別れるなら、責任とって殺していって」
とも言われたような記憶がありましてよ(@@;


「いますぐ死んで、私がいなくなれば、全てが丸く収まるんじゃないかな」
と思うことがあります。

まーむしろ、今では老いることの方が怖いので、
今の姿のまま止めてしまいたいと思いますがね。



あなたのためなら死んでもいい。
だけど、あなたに言われたから、私は生き続けなければならない。

どうすればいいのか考えてもすぐにはわからないけど、
あなたにずっとついていくよ、という気持ちは変わらない。。。
みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃え
 昼は消えつつ 物をこそ思へ
            ――大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ) 「詞花和歌集」


<直訳>
御垣守である兵士の焚く火が、夜は燃え昼は消えているように、
私の恋の炎も、夜には燃え上がるけれども、
昼には消え入るばかりに物思いに沈んでいる。


・文法など
「みかきもり〜火の」は「夜は〜消えつつ」にかかる序詞
「こそ思へ」は係り結び(強意)

「みかきもり(御垣守)」
宮中の御門を警護する人

「衛士(ゑじ)」
毎年交代で諸国から上京して、衛門府などに配属された兵士のこと



<意訳〜ちょっと趣向を変えてみた〜>
昔の私の話になっちゃうんですけどね。

もう相手が誰だったのかあやふやで思い出せないのですが、
初めて携帯を持って、メールをやり始めたころに
「夜って昼とは違う人格になりませんか?」と、送った記憶があるんですよ。
その返信で、「そう思う」というのをもらった記憶があります。

皆さんはいかがですか?


小学生くらいの私と、今の私はまったくの別人だと思います。
そのころは、この詩(うた)の作者と似たような感じだったと思います。
まぁ、だからといってこのような詩を作れたとは到底思いませんが。
でも、同じような考えをしている人は昔にもいたんだな、という気持ちです。


小学生のころに好きな人はいました。
まぁ2人くらいかな。

昼間学校では、相手に会おうとクラスメイツに茶化されようと、
別になんてこともなく、気持ちも制御はできたのです。

しかし、夜になって寝るころになると、ギンギンに頭が冴えて、

「こういう風に告白しよう」
「いや、こういう文面で手紙にしたためよう」

と、気持ちのありったけが頭を駆け巡ったものです。

しかし、明くる朝にはそういった気持ちや手紙も、
思い出すと恥ずかしくなって、自分の中でボツ案となってしまうのです。


夜は燃えるような気持ちも、昼間は消え入ってしまう。


この詩によって、昔の自分を思い出しました。
そうそう、実は第43番歌を飛ばしています。
この歌は、百人一首の恋の歌の中で一番好きなので、
最終回にお届けしようかと考えています。


さて、本文です。


冷泉院春宮と申しける時、百首歌たてまつりけるによめる

風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ
 くだけて物を 思ふころかな


              ――源重之  「詞花和歌集」



<直訳>
冷泉天皇がまだ皇太子でいらっしゃったときに、
100首の歌を献上したときに詠んだ歌(のうちの1つ)

風が激しいので、岩を打つ波が砕けるように、
私だけがひとり、心の砕けるほど思い悩む今日この頃だなぁ。



・文法など
「風を〜波の」は、「くだけて」にかかる序詞

「風をいたみ」=「風」+助詞「を」+形容詞「いたし」+接尾語「み」
→「Aを〜み」で、”Aが〜なので”の意

「いたし」=程度がはなはだしい様子の形容詞
「くだく」=思い乱れる、の意


風の激しさ=私の恋心の激しさ
波=私
岩=あなた
→激しい恋心で私はアタックするけど、あなたは岩のようにビクともしない、と解釈。



<hの実情に合わせた意訳>
私は、あなたしかいないと思っている。
たとえ私がこれまで女性と付き合ったことがないとはいえ、
あなた以上の人なんて、そういないと思う。

だけど、あなたは私の将来を考えて、今は首を縦に振ってくれないのですね。


でも、どうしてだろう。
他の女性と比較ができないのに、あなたがなぜ一番と思うのだろうか。。。
第44、45番歌は過去の記事をご覧ください。



由良の門を 渡る舟人 かぢを絶え
 ゆくへも知らぬ 恋の道かな
              ――曽禰好忠  「新古今和歌集」


<直訳>
由良川の河口付近を渡る舟人が、
櫂を流してしまって、行方もわからぬまま漂うように、
この行く末がどうなっていくかわからない、あてもないわが恋よ。


・文法など
「由良の門を〜絶え」は「ゆくへも知らぬ」にかかる序詞


「由良の門」
京都府を流れる一級河川由良川のこと。若狭湾に注ぐ。
”由良川の河口付近を”の意味。



<(久々の)hの実情に合わせた意訳>
人生とは無常である。
川にできる泡ぶくが、そのまま長くとどまっていることがないように。
そして人は、あらゆる波に揉まれながら生きている。
各々の人生がどうなるかは誰にもわかるはずもない。

それと同じで、この恋もどうなるかわからない。

私は就職ができるのか。
それ以前に復学できるのか。


それまで、あなたは私を好きでいてくれますか・・・?




この道を行けばどうなるものか。
危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし。

踏み出せばその一足がみちとなり、
その一足が道となる。
迷わず行けよ、行けばわかるさ。
(清沢哲夫「道」より)

心変りて侍りける女に、人に代りて

契りきな かたみに袖を しぼりつつ
 末の松山 波越さじとは

             ――清原元輔  「後拾遺和歌集」

<直訳>
心変わりをしてしまった女性に対して、ある人の代わりに詠んだ歌

二人で固く誓い合いましたよね。
お互いに涙で濡らした袖を絞りながら、
あの末の松山を波が越すことなどあり得ないように、
私たちの愛もいつまでも変わることはあるまい、とね。




・文法とか
詠み手である清原元輔は、第62番歌の詠み手、
あの清少納言の父親です。


「末の松山」
宮城県多賀城市とされている。
男女の恋愛の歌枕として、有名であった。




<♂と♀のシリーズ化できるかわからないけど頑張る意訳>
「やだぁ、いっちゃやだー」
♀「しかたないじゃない。パパのおしごとだもん。」
♂「そうだけど・・・。も行くひつようないもん」
♀「たった1年よ。それぐらい男の子ならがまんできるでしょ。」

♀「1年たったら、もお兄ちゃんだもんね」
♂「・・・」

♀「じゃあ、次会うまで1回も泣かなかったらお嫁さんになってあげる!」
♂「ホント?」
♀「でもちゃんとママに聞くからね! だまっててもダメだからね!」
「・・・・・・」

♀「ほら、指出して。ゆびきりげーんまーん」


♀「指切った!」





♀「ったく、ホントあんたって顔に出やすいわね」
♂「うるへーよ」
♀「そうかそうか・・・。○○ちゃんが好きなのねぇ」
♂「だから・・・、ちょっと待て。」
♀「いいのよ〜、恥ずかしがらなくても。」



あ〜ぁ。2人で指切りをして約束しあったのにな。
あの約束、もう覚えてないのかな。