GX 

なに、このイケメンなギロチンクロス・・・。
スポンサーサイト

今日の朝日夕刊から目についた記事から。
お隣の奈良教大で、同性愛についての講義や企画の
活動をされているB3の学生がいらっしゃるらしい。


セクシャルマイノリティ(性的弱者)というのは、
やはりまだまだ世間からの視線は温かくないです。

その方もやはり、最初は自分が、
同性が「好き」ということに悩んだということ。
誰かに言いたくても言えないということ。


彼女は言います。
「私が同性愛を堂々と語ることで、少しずつでも社会が変わればうれしい」
将来は中学の保健体育の教諭になり、生徒らに話すつもりとのこと。


偏重・偏見って、どうやって生まれるかというと、
子どもは直球しか投げられないことを知らなければなりません。

どういうことかというと、子どもは、
見たまま・聞いたまま・感じたままのことをそのまま口にします。

それをどう諭すかによって、つまり教育によって、
正しい方向へ矯正していく必要があります。


これは、身体不自由な方、LD、AD/HDとかも同じ。
それを子どもは「変」と思うわけです。自分と違うから。

でも、頭の柔らかい子どもたちには、
若い時からそういう教育をしてやれば、共存することも可能です。

しかし、性的弱者についてはある程度発達段階に合わせて、
第二次性徴の、異性を気になりそうなあたりになってからがいいでしょう。


そして、私も高校で同性愛や性教育について、
リーダーとして語るくらいの知識は持っているつもりで、
総合的な学習の時間でやりたいと思っています。

大学院の模擬授業で、同性愛をテーマにした指導案があります。
作ったものの使わなかったので、教材観・生徒観・指導観を公開。


①教材観
セクシャルマイノリティについて、80年代後半から「ニューハーフ」という言葉が世間で使われるようになった。最近では、徐々に芸能人としてテレビ番組に出演し、世間の目に当たるようになり、ずいぶんと受け入れられるようになってきているように思われる。だがしかし、依然として性同一性障害やトランスジェンダーが社会的な問題だといわざるを得ない。日本では人口のおよそ4%(約274万人:株式会社パジェンタ調べ)が同性愛者(LGBT:レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)だといわれている。日本国外においては、同性婚が認められている国(ベルギー、オランダなど)や、男女間の婚姻に準ずる権利を得るパートナーシップ法がある国(スウェーデン、ドイツ、イギリスなど)がある。だが日本では日本国憲法第24条に「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない」とされていることで、同性での婚姻にの可否については触れられておらず、賛否の意見がある。日本においても同性愛者人口を見れば、LGBTはとても身近な問題である。LGBTの人たちにとって、そのことにコンプレックスを抱き、自分の心の中に思いを閉ざして生きている人も多くいることを知る。

②生徒観
全体として活気にあふれ、少し落ち着かない学年ではあるものの、素直な生徒が多い。高校2年生となり、女子生徒は結婚できる年齢でもある。日常的に異性について考えることも多いだろうし、また校内や学校を越えて交際している生徒も少なからず見受けられる。そのような生徒たちにとって、恋愛は異性とするのが当然と考えているのが大多数であろう。

③指導観
人口の4%と考えると、学年に5名前後のLGBTの生徒がいたとしても、まったく不思議ではなく、無視できる問題ではない。まだ自覚がないだけで、この先に自分がLGBTにあてはまることに気付くことも十分にあり得る。そんな彼・彼女たちを受け入れられるような心や雰囲気を学年やクラス全体で作り育んでいく必要がある。そこで、実体験に基づいた話を紹介することによって、実際にLGBTの人の心の声を知り、その5名前後の少数派の生徒たちを支えていけるように、学年全体で考える時間が求められている。

テーマ:同性愛・両性愛
ジャンル:恋愛
SONYのSRS-TD60を買いました。


先に、イヤホンの話をしましたけれども、
そういえば、友人がデスクトップにスピーカーをつけていたなと。

ウチもPC音源だけでいいのか。
「音楽をいい音で聴きたい」と思い続けていて、
スピーカーを買おうと思っていたけれども、
どんなのがいいかわからずに、
とりあえず安いのを買おうとしていた。

どうせなら、きちんと調べて買おう。


そこでやっぱり価格.comで調べることに。


挙がってきたのが、SONYのSRS-TD60と
対抗馬で東和電子Olasonic TW-S7


○SRS-TD60 (最安値:4,500円)
 2.1chサラウンド、ミニプラグ入力端子

□Olasonic TW-S7 (最安値:9,800円)
 USB入力端子、デザイン性


どちらもアンプが入っているアクティブスピーカー。


うーん、音とデザインで選ぶとOlasonicだけど・・・
ギターのアンプ(VOX AC30)に繋ぎたいしなぁ・・・。


ということで、SRS-TD60になりました。
音に関しては低音がよく出ていると思います。

CP(コストパフォーマンス)がいいと書かれていましたが、
私もそのように思うことにしています。
テーマ:オーディオ機器
ジャンル:音楽
大学は何をしに行くところか、を考えなければならない。

まず、学校というのは何であるか。
英語ではschool(スクール)と書くのだが、
この語源は、ギリシャ語でスコレ、すなわち「暇」という意味である。

つまり、農作業とかやっていてもヒマな時に、
学問について討論するという意味で使われだした。
これが古代ギリシャの思想家を生むきっかけとなった(たぶん)。


私は、自然についてもっと知りたかったから、
第一志望はK大農学部森林科学科だった。
(第二志望は獣医学科であったが、血がダメなので断念した)

でも、下宿とか通うのが大変だと思ったし、
何にしろ、センターが8割でボーダーすれすれだった。
しかも2次力が国語以外壊滅的だったから、
自転車で13分の公立の農学部に行くことにした。

もともと教員志望であったこともあり、
教職課程を履修しながら、植物について勉強した。
もともと勉強することは好きだから、
できるだけたくさんのことを知りたいと思っていた。


理系だから院まで進んで、それから就職を考えよう。


そう思っていた時期が私にもありました。


農学部のまま大学院まで進んでやりたいことはあった。
だけどいろいろとあって、4回生の夏前くらいから就活を始めた。

この頃から、うつが始まり、睡眠障害なども起きていたため、
うっかり実験器具を壊してしまい、卒業論文も志半ばで提出。
研究室の先生との相性もそれほど良くなかった。

就活を初めて20社くらい受けて内定が一つもないまま、
10月頃にようやく大学院について考えることにした。


このまま大学に残って研究を続けるか、
それとも教員一本に絞って教育大にするか。

周囲の声に押されて、教育大へ。


教育大は少し様子が違った。
一般的に大学の学部は就職予備校と言われてもおかしくはないが、
教育大は存在自体が専門学校の様相を呈しているので、
まずそのギャップに慣れなかった。

この頃、一番うつがひどくなって、
どうにもこうにもいかなくなってしまい休学に追い込まれた。


休学中のある時、高等学校の常勤講師(期限付き)募集を見て、
一度やってみようと思った。

教育実習ではできないこと、教育大に行っているということ、
それらを全部ひっくるめて講師をやり始めた。

すると、教育大で学ぶことと、講師をやることが、
上手いこと歯車が合ったように、モチベーションが高まった。


復帰した大学院では、完全に孤立していた。
同じ4月に入った同級生もほとんど知らないし、
翌年には2回生のくせに、1回生に混じって講義を受ける。

それでも休学したことや講師をしていたことはムダにはなっていない。


なんでもかんでも、周囲に合わせて行動するのはどうだろう。

周囲が大学進学していく中で、周りが4年間大学行っている間、
その4年間で社会に出て基本的なスキルを磨こうと、
高卒で行員となった堀木エリ子氏のように考える者は少ない。

とりあえず「周りが・・・」という発想は面白くない。
自分の道は自分で切り拓いて行け。行けば分かるだろう。


私もムダな半年の休学だと思っていた頃があった。
でも、今ではそれも一つの生きる道だったのかもしれないと思う。

挫折しないで敷かれたレールの上だけ歩くのはつまらない。
ポイントがどっちに入っているのかわからない分岐点はたくさんある。
1つ選択することは、その他を排除し諦めるということ。

だからこそ後悔しないような選択をする。
複数の選択肢があるなら、そのどちらを選んでも
後悔しない選択肢にすればいいだけの話である。


大学が企業に入るための予備校みたいになっていて、
試験はカンニング、出席は代返、サークル適度にって、
何をしに大学に入ったのかわからない。

「学問」とかアカデミーとかについて、
これから大学受験を控えていたり、院に進学する人に
いま一度、考えて欲しい。
テーマ:教師のお仕事
ジャンル:学校・教育
今日はサンスポありません、ごめんなさい。
パチネタも特にありません。なので、極々身近な話題で。


イヤホンのコードが汚れてきて、
タッチノイズが結構気になるようになってきたので、
新しいイヤホンを買おうかなということになりました。

そこで、なんか結構音響機器にはうるさそうな友人に、
オススメのイヤホン(ヘッドフォンは除く)を聞いてみたら、
イヤホンWikiというものを紹介してもらいました。

この中にある、「低価格でナイスなイヤホン」という
まとめているところで検討することになりました。

というのも、それほど音質というのにこだわりもなく、
ただ音を出せればいいというくらいに思っていたからです。

それこそJoshinなどの量販店で適当にSonyとか、
とりあえず1,000円くらいのを買おうと思っていたんです。


最初はそれでよかったんですね。
どうせ電車移動するときにwalkmanで聴くくらいだし、と。

で、最初に目についたのが、某100円ショップ最大手の525円イヤホン。
100円ショップのくせに525円もするという。
しかしこれが神イヤホンと称されるほどのコストパフォーマンスらしい。


さっそく市内の3つの大きいダイ○ーに行きました。
ですがどこにも置いていないのです。帰って調べました。
もう、すでに販売終了していたのでした。

なぜその情報をもっと早く仕入れなかったのだろうか。
まぁ運動になったからいいのですが。


で、またその「低価格でナイスなイヤホン」で調べて、
価格.comで比較・検討。楽天のサイトも使って徹底的に口コミ調査。


そこで初めてカナル型というタイプのイヤホンに出会いました。
いま思えば、walkmanの初期付属のイヤホンはカナル型でした。
しかし、バイクで誤って引きちぎってしまって、
代替的にオープン型を使っていたのです。


そしてmaxellのNP-CN40or01
CreativeのEP-630or650
というところが候補として挙がってきました。

音と言ったら、sonyとかvictorなのかなと思ってたのですが、
とりあえず物は試し、楽天でアウトレット品で売っていた、
EP-630(緑)を買うことにしました。


3日ほどして製品が到着。PCに挿して聴いてみる。


!?


な、なんだこの音の違いは!
今までのSONYのイヤホンの音より重みを感じる・・・。
低音がここまで聞こえているということなのか!

なんかすごくいい買い物をした気がした。
やっぱり何でもよく知っている人に訊いてみるものなのだと感じた。


少し長くなったので、次回はスピーカーについて語ります。
テーマ:オーディオ機器
ジャンル:音楽

2回目の車検は、68,156円でした。
まぁバッテリー交換がなかった分、前回よりかは安くなりました。
走行距離(ODD)1,600km→7,500km(+5,900km/2ys)


法定の車検費用が、15,750円+非課税(重量税+印紙代)6,100円
自賠責13,400円に、エアフィルター、エンジンオイル、プラグ交換。
あと残りは工賃等21,000円。

4月にまた軽自動車税4,000円が来る予定。


次回(2年後)は、ブレーキオイル、エンジン冷却水が追加で交換予定。
場合によってはキャブレーターの掃除があるので、
しっかり乗ってやって下さいとのこと。

日常点検では、1か月に1回程度タイヤの空気圧チェックをすること。

チェーンオイルもたまには注油してあげること。
ただし、556は逆にすぐ錆びつかせる原因になるのでNG。
難易度の高い?方法として、マフラーで持ち上げて後輪を回転させる。


某アンケートで、「VFR1200について」のアンケートに参加したんだけど、
フォルムがめっちゃ格好いいなぁ・・・。

と思って、バイクを引き取りに行ったら、
今度はお店にCBR600RRのカタログが置いてあって、
トリコロールカラーにめっちゃ惹かれた。かっこよすぎ。

でも大型は倒したら起こせないし(今のCB400でも起こせない)、
そもそも免許ないし、お金もないしで。
ていうか、燃料はハイオクかぁーってことで、
やっぱり今のボルドールで十分という結論に至りました。

テーマ:車検・点検
ジャンル:車・バイク