ウチのCB400 Super Bol D'orを手放しました。


国道480号線(酷道ツアー)に行ったり、
和泉葛城山の林道を走ったり、
福井の九頭竜まで高速使って行ったり、
バイクにまたがっていろいろやってきました。

ですが、やはり仕事の都合で積極的に乗る機会が減ってしまい、
このままだとバッテリーが自然放電してエンジンがかからない、
そんな可能性もあったりして、かわいそうだと。

このバイクのためにも、乗ってもらえる人に出会えたらいいなと。



引き取ってもらった額はたいして多くはなかったけれど、
それは初めてバイクを買って、立ちごけしたり、
家の門にぶつけたりしたりして傷ができちゃったモノ。

最後にODDメータでみた総走行距離は8,233kmだったかな。
やっぱり1年当たりで1000kmくらいしか走ってない。



移動手段は家の車と自転車に戻ってしまったけれど、
できるならまた落ち着いたときに、
新しいバイクに乗れたらいいなと思ってる。

実際、ホンダのCBR250が格好いいと思ってるしね。


ダイビングでもそうだし、バイク屋の店長も言われたこと。
「1人でも仲間が多い方が楽しい」

うん、そういうのに参加できるなら、
同じ趣味(ダイビングでもバイクでも)を持った知人がいればね、
もっと乗ってたかもしれないね。
スポンサーサイト
テーマ:HONDA
ジャンル:車・バイク
教師は専門性を備え、かつ幅広い知見が必要とされる。
プロフェッショナルであり、ユーティリティプレイヤーでもあります。


まず「教師の仕事」って何でしょう?

授業をすることでしょうか。
生徒指導をすることでしょうか。
どちらも教師の仕事ですね。
しかし、端的で明確な答えで「これ」っていうものはありません。

学校の安全を守ること
学校(設備・人員)を管理すること
子どもの安全を保障すること
それこそ、事務的な仕事だってあるわけです。

でも主体は生徒・児童ですよね。
教員は主体に対して働きかけるモノであって、
教師1人1人が個人でできることは限られています。



前置きが長くなってしまいました。

あまり同僚のことを悪く言いたくはないのですが、
ちょっとムッと思ったことを少し書きます。


部活で郊外に出て試合をしていたんですが、
途中で部員が過呼吸を起こしてしまいました。

まあ最初は自分が情けなくなって、
泣きだしたのかなと思ったけど、どうもそうじゃない。

私は、前任校で過呼吸起こした女生徒を見たので、
ある程度の対処方法を知っています
(というか学年職員室に1人でいるときに来て焦った)。

「ゆっくり。ゆっくり呼吸せー。吐いてー・・・、吸ってー・・・」
で、マネージャーに袋探させて、まあ何とか治まったんですが。


そのことを後輩(1つ年下で正採用教諭)に話したら、
「僕はそんなんムリですわ。見たくないです」という。

いや、それは教師としてどうなん? と。
今年は初任だから、こんなこともさほどないけど、
来年以降、担任持つと、こういう生徒出るよ?

しかも過呼吸なんて、精神的に不安定でストレス溜める
中高生くらいの女の子がなりやすい。


養護教諭をすぐに呼べるならいいけど、
必ずしもそんな状況とは限らないじゃない。

マル秘資料(持病・病歴が記載)があるんだから、
自分の生徒がどういう健康状態があるかなど、
向き合わないといけないと思うんだよね。

生徒から目を離してしまったら何もできないよ。
テーマ:教師のお仕事
ジャンル:学校・教育
この夏、LGBT対談会を行いました。
いまさら、先月あたりの話をしても仕方ないのですが、
私も少し影響を受けたので、お話いたします。


きっかけは某新聞夕刊の記事でした。
そこから、ブログを経てmixiにたどりつき、
この度、司書教諭を取ろうと思って通う大学にて、
実際にご本人と会うことができました。

新聞では、彼女は教育学部の学生さんで、
自分はビアンであるとして構内で活動している。
そういうことが書いてありました。
ブログを読んで、彼女もできたということも知りました。


折しも、私はジェンダー論やセクマイ(sexual minority:LGBT)について、
教育者としての興味があって、様々な方の意見を聞いていました。

というのは、この人間社会で本当の自分を表に出せず、
マイノリティという言葉にあるように、自分を隠して生活する人が、
少なからずいてるんだということを、情操面で多感な時期にある生徒に、
「多様性」という考え方で教えたいと思っているからです。

LGBTであろうと、自分は自分なんだと思えるように。
逆に知り合いがLGBTであると知っても、
それを受け入れられる人になってほしいと。


統計学的に、多く見積もって「5%」というのは、
必ず「普通」というものさしから外れてしまうので、
いろんな人がいていいんだよといいたい。

自分が持っている「普通」という基準は、
他人には通用しないことだってあるのだから。


さて、お昼休みの時間をお借りしてお話しさせていただきましたが、
私の受けた印象は、「なぜこんなに積極的に行動できるのだろう」。
活動するにあたっての障壁はなかったのだろうかと。

曰く、運良く、周囲からの理解も得られて、
応援してもらえているので、特に困ることはなかった
と。

それでも大々的に活動をする勇気は、私にはないなと。
中学校の体育の教員を目指すと言っていた
彼女の目は曇りもなく、活き活きとしていた。


何かを変えようと思ったとき、それは勇気の要ること。
それを越えられたとき、何かが得られるんだと感じました。
テーマ:同性愛・両性愛
ジャンル:恋愛
七五三といえば、いわずもがなで、
子どもの成長を祝うモノですが(そうだよね?)、
私からすると、金庫の開け方です。

あんまり詳しく説明すると、
セキュリティの問題上ダメなんで、追求しませんが。


今日、また7・5・3の新しい解釈ができました。
それは、3塁審をしていた試合後の事でした。

公式戦の公認審判員の人に呼び止められました。
っていうか、先週もこの人の話聞いたな、と思いつつ。


前回は、アウトとセーフの宣告のタイミングについて。
アウトはじっくり確認(落球やベース離れがないか)して宣告。
セーフは走者に不利が発生しないように素早く。

まあそういうことでした。



今回は、3塁審の仕事についてです。
ソフトボールは、野球のように4審や6審制ではなく、
2審あるいは3審でやります(全国大会とかなら4審制)。

2審制なら主審(球審)と1塁審(2塁審も兼ねる)のみ。
3審制なら主審・1塁審・3塁審で行います。

今回はその3塁審の役割です。


3塁審の仕事は基本的には楽なモノです。
線審兼務なので、打球がフェアかファールかをジャッジしますが、
走者が出ない限り仕事がありません。

基本的な立ち位置ですが、
それが最初に言いました通り、「7・5・3」なんです。

詳しく述べますと、
まず、走者なしの場合、線審のみの仕事なので、
3塁ベースから後方7mの位置に立ちます。

続いて、1塁走者が出た場合。
1塁審が2塁側に移動して2塁でのタッチプレーに備えるので、
3塁審が、不正投球の有無、1塁走者の離塁を確認。
そのため、3塁ベースから後方5mの位置に立ちます。

最後に3塁走者がいる場合。
このときは、3塁走者の離塁(フライからのタッチアップも含む)、
タッチプレーも可能性があるので、後方3mに立ちます。


これが「7・5・3」の立ち位置です。
なんか審判にも効率的な動きがあるんだなと思いました。
テーマ:ソフトボール
ジャンル:スポーツ
まあタイトルでググってもらえれば、
まとめスレが出てくると思います。


文房具やイヤホン・ヘッドホンといった
個人によってフィットするのが微妙に違ったり、
好みでモノが分かれるというような、いわゆる相性があるものは、
こだわりだすとキリがないんです。


なので、コスパ(=対費用効果)重視に走るか、
自分にあうのを徹底的に追及していくかになるわけですが。

私はシャーペンだけに関して言えば、
本体が細いめが好みですが、別に書けたらいいという感じで、
ホームセンターなどで売っている安いモノでも十分です。
芯もPB商品使ってるけど問題ないし。


確かに握った時の感触、書き続けたときのストレスや、
滑りやすさ(書きやすさ)、デザインとかありますけれども、
まあそれほどこだわってなかったんですね。

だけど、まあそろそろずっと使えるシャーペンや
万年筆とか持ってもいいかなと思うようになって、
ちょっと調べることにしました。

すると、やはりネットの世界は広いですね。
まったく聞いたこともなかったシャーペンの種類があるのですね。


グラフギア(ぺんてる)、ステッドラー(独)
safari(独:LAMY)、シャーボx(ゼブラ)、
クルトガ(三菱)、Dr.グリップ(パイロット)


まぁ、スレで出てきた主な製品です。


なんか、多くの生徒がやたらクルトガを使っているのを見て、
自分もクルトガが欲しくなったので、
αゲルグリップの付いたクルトガを買うことにしました。


重いのはやっぱり長時間の筆記に向かないんですよね。
まだまだこれからたくさんの文章や数式を書くことを考えると、
日本語の書きやすいモノを選んでおけば間違いないですわね。

台風12号(タラス)の影響でダイビングの計画が変わり、
白崎(和歌山県日高郡由良町)から、
琵琶湖(滋賀県長浜市)になりました。

泉北有料道・阪和道・近畿道・名神・北陸道と乗り継いで、
滋賀県の木之本インターで降りてポイントへ。
詳しい位置はこの辺


雨は降るわ、湖面は波立ってるわで、
こんな状況で潜るのかと思っていました。
まあ雨は、どうせ濡れるから気にならないのですが。
湖面が波打ってるのは流されそうで怖いです。

まぁ、どっちかというと、高速で風にあおられているのに、
車線の左に寄り続ける行き帰りの運転の方が怖かった。

 

ウェットスーツに着替えて、実際に入ってみると、
水面の透明度(視界)は50cm~1m程度でした。

なので岸からだいたい5mくらいのところでちゃぷちゃぷしてました。

 


だけど、また、溺れていました。。。

 


足が付きそうでつかない深さって、一番怖いです。
落ち着いてBCD(ライフジャケットっぽいもの)に空気を入れれば、
浮いていられるのに、 もがいてました。必死でした。
水死って苦しいんだなと思いました。

自慢じゃないけど、中1の時にも、
浜寺公園の深さ1.5mのプールでも溺れてます。
I.S.S.で5級(バタフライ、クロール100m以上)取ってるんだけどなぁ。

 

その溺れたのが、マスククリア
(マスクに水を入れて、空気で追い出してくもりをとる)で、
下手くそだから、全然水が抜けていないのに、
目を開けてしまったので、右のコンタクトレンズが外れて流失。

ただ外れるだけならマスクに残るんですが、
マスククリアは、曇ったときに、マスクの上部を開けて水を入れる。
そして下を開けて鼻から空気を送って水を追い出す。
また、マスクを1回脱いで着けて、をやってて流れたんだと思います。


そして、右の1kgのウェイト(おもり)もどっかに行っていました。
BCD(浮力を得るジャケット)のポケットに入れてチャックしていたのに、
気がついたらなぜかチャック全開になっていて、
これもまたどこかに沈んでいると思います。びわ湖ごめん。

どこでチャックが開いたのかがわからないので探しようもないし、
水の透明度が50cmしかないので潜っても見渡せない。

どこにいったんだろうね。。。

とりあえずウェイトが無いとBCDやウェットスーツの浮力で、
重力<浮力となって沈めなくて仕方ないから、
湖底の石を適当に入れておもりにしていました。



帰りに、一緒にライセンス取っている友達に、
「イルカさんと一緒に泳ぎたい!」って言ったら、
「アドバンス・オープン・ウォーター(AOW)取らなアカンで」って
いわれてしょぼーん(´・ω・) ってなった。

だってぇ、まだ溺れてるような未熟者に、
コンパス使って1周泳いでこい、とか
20mを10回キックするだけで泳げ、とか
船からのエントリー(TVでよく見る、背中から飛び込むヤツ) を
やるって、普通に考えて無理じゃーん。


むぅ、イルカさんと泳ぎたいなぁ。。。

テーマ:スクーバダイビング
ジャンル:スポーツ