私の高校時代の後輩に、防災研究所所属の院生がいるので、
これからそう遠くない未来に起こるであろう、
関東直下型地震や東海・東南海・南海地震に備えて、
何を用意しておけばよいのか、教えてもらいました。


非常用持ち出し袋(防災非常袋)に入れるモノです。
普通は、最低3日分の食料と水が要ると聞きますが、
その辺はどうなのでしょうか。


まずは、家用と職場用の2つを用意する方がいいようです。
自分の判断で要るモノ、不要なモノを決めて詰めていくわけですが、
【1】家用は、津波で家が流される。もしくは、火災で家が焼失するなど、
   家に荷物が取りに帰れないことを想定する。
【2】職場用は、主に帰宅困難者になった場合を想定する。

この2点を考えてモノを入れましょう。


とはいえ、食料や水、電池などは使わなくても自然とダメになるもの、
あるいは、袋や衣類などのダメにならないモノがありますので、
これらを区別する必要があります。

今回は、チェック不要で常時入れっぱなしOKなものを(A群)
時々チェックする必要があるものを(B群)、
一部の人に必要なものは(C群)とすることにします。


まずA群に入るモノです。
レインコート、サウナスーツ、マスク、軍手、歯ブラシ、
ビニル袋、ブルーシート、スリッパ、ハサミ、カッターナイフ、
タオル、簡易トイレ、トランプ、下着、ライト、
ウェットティッシュ(ノンアルコール)、キッチンペーパー、
サランラップ、バールのようなもの(もしくは金づち)、
スニーカー、寝袋、地図、サバイバルシート、
電池式の携帯充電器、安全メット、携帯ラジオ

すでに袋からあふれ出そうな勢いです。
サウナスーツは防寒着として、トランプは本気でヒマつぶし、
ウェットティッシュはお尻ふく時のためにノンアルコール推奨、
サランラップはお皿を汚さない、なんなら巻き付けて防寒。
サバイバルシートは防寒・保温シートですね。

暑ければ脱げばいいだけですが、
寒いのはどうしようもないですから、こういう感じになるのでしょう。


続いてB群です。
水、クッキー(カンパン)、飴(糖分)、電池、各種薬、使い捨てカイロ

カイロってよく見ると使用期限が書いてあるんですよね。
常備薬や、処方されたお薬にも使用期限がありますよ。
また当然ですが、水やクッキーなどの食べ物は腐ったり、
電池は自然放電で使えなくなったりする可能性がありますので、
まぁ機会ごとにチェックしておくことに越したことはないでしょう。


最後にC群です。
眼鏡、メイク落とし、生理用品

基本的に女性用ですが、応急処置として、
生理用品をガーゼ、ラップを包帯の代わりにしたりできます。
視力が低い人にとって眼鏡は確かに要る。ないと困る。
さすがにコンタクトレンズで避難を続けるのは厳しいでしょう。


とまぁ、パッと思いついたのがこれくらいということだそうで。
一応、登山用の30Lくらいのリュックに入るそうです。

最悪寝袋を抜いたりしても大丈夫だし、
ラジオとライトと携帯電話の充電器が一体になった、
手回し+太陽光発電の防災グッズ
(←リンク先:楽天市場)を使って、
かさを減らすというのもアリですね。


またいろいろ情報をもらえたら、更新していこうと思います。
スポンサーサイト
テーマ:地震・災害対策
ジャンル:ライフ

今日は、豊能郡能勢町にある、
大阪国体(1997年)のときに造られた射撃場で、
ビームライフルの射撃体験コースに行ってきました。

場所としては、大阪府の北の端ということもあって、
かなり鄙びたところではありますが、府立能勢高校があったり、
能勢高校の附属農場があったりと、
ここの勤務は大変だなと思いながら射撃場へ向かいました。

能勢電鉄の山下駅まで行ったのですが、
阪急宝塚線や能勢電鉄に乗るのが、
10年以上ぶりということもあって、その変わりぶりに驚きました。
山下駅周辺はあまり変わっていませんでしたけれども。


ビームライフルというと、ガンダムRX-78を
思い浮かべる人もいると思うのですが、
競技用ビームライフルから出るのはストロボ光で、
光センサーのついている10m先の標的に向かって照射します。

競技用、といっても扱い方は普通の「ライフル銃」と同じです。
あくまでも射撃競技用というだけで、日本のように、
銃に関する規制が厳しくて実弾が使えないような場所でも、
競技が行えるよう開発されたのがビームライフルです。
他にも、鉛フリーで環境に配慮するという目的もあるようです。


日本では、ある一定以上の威力を持つ銃砲は、
銃砲刀剣類所持等取締法により、
1丁ごとに警察の所持許可が必要になります。

日ラ(日本ライフル射撃協会)の推薦があれば、
14歳からエアライフルやエアピストルの所持が可能ですが、
まずはじめはビームライフル射撃から始まります
(普通は18歳を超えてから申請・所持する)。


その反面、ビームライフルは公安委員会の許可が不要なので、
中学生からでも参加することができます。

ちなみに、私立箕面自由学園高等学校では、大阪府内で唯一、
射撃部(エアライフル・エアピストル)がある学校です。

実際のガス式のエアライフルは、18歳以上という制限があります。
しかも公安の許可が下りるまでに身辺調査されるんだそうな。

また、エアピストルの所持許可が出るのは、
何と日本全国で500人の枠しかないみたい。
しかも毎年それなりの結果を出す必要があり、
日本ライフル協会からの推薦が求められると。(ノ∀`)

こと、大阪はいろいろな意味で危険なので、
エアライフルであろうが、かなりシビアらしい。
まず、銃砲所持の第1歩である「猟銃等講習会」を受けるのも、
警察署に出向いて、手続きなどがアレらしい。。。


実際にビームライフル射撃を体験してみての感想ですが、
やはり集中力と決断力などが必要ですね。

特に私みたいに、抗うつ剤投与していて、
その副作用で手が震えるような状況では当たらないですね。

よっぽど中学生の方がうまいですよ。

テーマ:ライフル射撃
ジャンル:スポーツ
まずは、携帯のアドレスを変える。
今のメアドもそれなりに気に入ってるんだけど、
そろそろ違うアドレスに変えようかなと。
でもイマイチ、いいのが思いつかないんだよね。


あともう一つは、「必ずお風呂入ってから寝る」。
人の前に立つ手前、小奇麗にしとかないといけないんだけど、
やっぱり疲れていたりすると、そのまま寝てしまう。

途中で起きてお風呂に入れたらいいけれども、
たいていは朝まで寝てしまう。
そういう時、起きたらだいたい気だるい。
何もやりたくないという気持ちに支配される。

そうならないように、睡眠時間を削ってでも、
お風呂に入る、ということは重要だということ。


この2つくらいかなぁ。
あとは実現がかなり難しいことばかりだから、
とりあえずできそうなところから始めよう。
2012chiroru 新しい年を無事に迎えることができました。
 これもひとえに皆様のおかげです

 2011年はいろいろありました。
 地震・津波・台風と、まるで
 日本が試されているかのようでした。

全体が満身創痍な状態でも続く円高。
明日がどうなるかもわからない不安に駆られながら、
日々が過ぎて行きました。


そして、個人的には教員採用試験でまさかの一次敗退。
それでもまあ全体としては、特に大きな変化もなく、
ありがたくも平和な一年間ではありました。

有馬記念のCMは「オグリキャップの復活」でしたが、
2012年には、どれくらい復活できるのでしょうか。
それとも滅亡するのでしょうか。結局何も変わらないかも?

先行き不透明感がムンムンな材料がたくさん。
31日には、1ユーロ(EURJPY)が99円47銭まで行くし、
もうこれはどうなってんの、といいたくなることばかりです。


相変わらずメンタル面は上向いてこないし、
今年も変わらずそのままなのかな。

まぁそんな感じで今年もまったりやっていくので、
よろしくお願いしますとだけ、新年の挨拶とさせていただきます。

P.S.
当ブログをスマフォ対応にしました。
また携帯版のデザインも変更しました。
モバイルの方もどうぞよろしくお願いします。
テーマ:年末年始のご挨拶
ジャンル:ブログ