この記事を書いている現在、Yahoo!トップページに出ている、 
「明確な境ない 自閉症と健常者」の見出しの記事です。

最近では、アスペルガー症候群という言葉は「DSM-5」、
和訳で「精神障害の診断と統計マニュアル 第5版」から、
「自閉症スペクトラム」という言葉に置き換わりました。

自閉症とアスペルガー症候群の2つは、
どこまでが自閉で、どこからがアスペルガーと、
線引きをすることが大変難しいため、
「スペクトラム」という言葉でまとめることになりました。

スペクトラムという言葉は「連続体」という意味なのですが、
健常なのか、障がいなのか、という境界線が引けないのです。
療育手帳のB2が認定されるかのボーダーゾーンにいる感じです。


7年くらい前の精神科の先生を招いての研修で、
「どんな人でも、多動か自閉のどっちかを持っている。
 ただ、それが社会において不都合になっていないだけ。」
とバッサリ言いはったのですが、現在はどういう考え方なのかな。



自分自身においては、自分でも変なこだわりもあるのもわかってるし、
そもそも変わった人間なんやと思っていて、
社会に適合していない部分があるのも事実です。

ということで、なんかそのYahoo!の記事で紹介されていた、
「自閉症(AQ)スペクトラムチェッカー」(現在リンク切れ)なるもので、
50問の質問に、1(そうである)から4(そうではない)で回答。

そして、結果が点数で出ます。
ただ、あくまでも「その傾向が強い」というだけで、
病院でこの結果を持って行っても、あまり意味がないと思います。


で、私もやりました。

「あなたの得点(AQ値)は 43 点です」。

満点が何点なのかわからないので、高いのかどうかわからん!

で、点数の下を見ると、社会人の平均が18.5点、
閾値(しきいち)が33点ということなので、「やっぱりな」と思いました。

Q.44からQ.48までは、全部1(よくあてはまる)か、
4(まったくあてはまらない)しか付かない。
怒涛の5連打ですよ。今年の鯉打線もびっくりですよ。


人付き合いって面倒だなーってよく思う。
縄文や弥生時代やったら普通に孤立して野垂れ死んでますわ。

話してても相手の表情の変化がわからんし、
社交辞令など腹の中でどう思って話してるのかもわからんし、
初対面の人なんか怖いし、あまり話したくもないし。

なのに、なんで教職目指したんだろう・・・?
スポンサーサイト
「キリ番」といって、最近の中高生には通じるのでしょうか。

いやー、カウンターが「33,333」を通過していました。
というわけで、次のキリ番はたぶん「34,567」になるかなぁ。
説明せんでもわかっていただけるかと思いますが、キリのいい数字ですね。
その数字を踏んだ人を晒すお礼をページに書き込んだり。

昔には、自分のWebサイトを作って、そのサイト内での、
個人の掲示板やチャットがあったんですわ。
どんな感じか想像つかない人のために(⇒神楽坂ゆかHPのスクショ)。


WinMeやXPでは、htmlをいじってWebサイトを、
プロバイダ経由で作ったもんです。タグも覚えました。
このブログでもタグ使っているから、ちょっといじれるくらい。

ムダに<marquee>タグとか使って文字を動かしたりしましたね。
HTMLを覚えると、ホームページビルダーとか( ゚Д゚)イラネ」です。

その後、スタイルシートができるようになって、
JavaScriptにいたっては理解不能。
HTMLだけでは地味すぎてやっていけなくなりました。

そして来たる時代はブログ(Webログ)に突入しました。
掲示板やチャットは、LINEやTwitterに変わりはしましたが、
基本的な要素は変わっていませんね。



8年間もこんな感じで続いているのも、
別に時事に関して自分の意見を言うでなく、
その頃に何をしていたのか、日記みたいなもんですね。
まぁ、紙ベースではやりませんけど。

最初は、「自分は断固HTMLだ!」とか思っていましたが、
ブログの方がやり始めたら、勝手にフォント変えたり、
また、現在はありませんが、「Amazon」の商品もリンクさせたり、
結構自由度が高かったという印象です。

アフィやろうかなと思っても、またこれも時間を使いますしね。


mixiとかもやってたんですよ。過去の日記を見たら、
「こいつ、おもろいこと書いとるやんけ」と自画自賛したり。

ただ、自分の時間として使える時間が少なくなっている気がして、
mixiは辞めました。出会い厨もいたし、睡眠時間の確保で。
Ragnarok Onlineは、ちょっとついて行けなくなり休止中。
Twitterもタイムラインが更新されると、ずっと見てしまうので断絶。

そろそろポイントサイトもメール受信して確認するのも面倒だから、
いい加減どこかで辞めないといけないなと思っています。



8年間で「33,333アクセス」という数字は、
およそ11人の方が毎日来られているということです。
「春画」の検索で来られる方も結構いらっしゃいます。

どこまで続けられるか、まだまだわかりませんが、
ここまで来ると、後戻りしにくいですしね。
更新頻度を落としてでも、続けられるまでいきます。
テーマ:日記
ジャンル:日記
というニコニコ大百科の記事があるのですが、
まずは、イチロー選手が日米通算安打数4,257本に伸ばした件。
通算ということで、ケチつけようとする人もいるらしいですが、
「MLB(メジャー)≫NPB(日本プロ野球)」と思っているのでしょう。
「すげえもんは、すげえ」でええじゃないか?

実際、イチロー、ローズ氏、張さんの成績を並べて見れば、
打率では、イチローが二人よりも高いようだし。


仮にずっとNPBにいた場合、試合数がMLBより少ないなどの理由で
そこまでの数字が出せたのか、そういう考え方もありますね。

記者会見でも「NPBで4,257本打てる選手を見たい」と言っていました。
確かにそんなバッター出てきたら面白いと思います。
それくらいの選手が出てきてもおかしくないですしね。


3割バッターは、その数字だけでもすごいと思いますよね。

しかし、3割打とうと思うと、残りの7割の打席は凡退です。
10回打席に立って3回は安打にすることは、そう容易くはないでしょう。

「3本の安打を打つのに、7回の凡打を自ら受け入れる」
というような内容をよくききますが、
「4,000本のヒットを打つのに、8,000回は凡打」
イチローも言っていました(12,000打数の3割ですよ?:念のため)。

いかに自分の失敗を次に活かすか、という考えですよね。
私のような神様に与えらし才能の種が芽生えない人間(ネタ元)でも、
パーフェクトな人なんかいないと思えば、何か少しくらい失敗しても、
10回で3あればいいのだから、次に挑戦してみようかな、と考えたら、
失敗して嫌になった自分をスッと受け入れられるんちゃうかと。

しかも、イチロー(鈴木一朗)はオリックスのドラフト4位で入団。
そのころの阪神のドラフト上位なんてほとんど活躍できてないですよ。
チームでも「オールスター前後でもう今年終わった」が何年続いたか。
やはり、スカウトの見る目が大切なのかなとしみじみ感じます。


最後に、阪神の話で終わりますが、
「超変革」のタイガース、若手の競争で誰が活躍するかが楽しみです。
5月の月間MVP受賞の原口捕手が大きいですね。

育成選手→支配下登録→即1軍合流(山田コーチのユニ使用)
チャンスを生かすも殺すも、大きな分かれ目ですね。
テーマ:高校野球
ジャンル:スポーツ
maid.png ちょっと作業用BGMとしてDVDを買おうと思って、
 某DVD販売店へ行って、こんなジャケットのDVDを発見。

 まぁ、メイドというかコスプレというか、微妙な線ですけど、
 このタイトル(当方でぼかし済み)は置いておいて、
 右上の「サブタイトル」とまでいかないものの、
 彼女の「科白」ですよね。

うん、メイドって何だろう。(困惑)

最近はアニメやコミックでもメイドが登場するものが増えましたが、
花右京メイド隊や、ぢたま某先生のまほろさんとか(筆者:くっそ懐かしい)。

メイドさんが、各方面に特化していますよね。
登場キャラの防衛・攻撃として、超強いものもいれば、
アリアのお付きの出島さん(生徒会役員共)とか残念系も。


メイド喫茶なども多様化しているようですが、
ブームの始まる少しだけ先に進んでいたお店は、
やはり、その分の高い質を保っているのかな、と思います。
行ったことないんですけどね。

ネタとしていくのはいいのですが、喫茶という目的であれば、
自分でコーヒーを挽いて淹れる過程をやる方がいいですね。
仲のいい人と行くことにならない限り、
私はメイド喫茶なるものを経験できないでしょう。

東京にある、男子校カフェ、執事カフェとかいうカフェもあるそうで、
それらは行ってみたいのですが、女性限定で入店できないそうです。

私が男女という性は関係なく、イケメンが働いているのを見たいだけです。
テーマ:メイド喫茶
ジャンル:サブカル
ホンダのハイブリッドのスポーツカー「CR-Z」。
どうやら生産が終了するらしい。


車欲しいなーってときに、「6MT」で「ハイブリッド」のCR-Zは、
そのうちお金が出来たら買おうかなーと思ってました。

ホンダのディーラーに行って、
「CR-Zのマニュアル車は半クラいるの?」とききました。
「要りますね」といわれたんですが、発進時はエンジン動くのか。
たぶん、普通のマニュアル車と違うんだろうなと。

まぁ、本当にマニュアル車を買うのか少し迷っています。
自分が運転するには構いませんが、家族共有だとね。


interchange1.jpg
 今日はタイムズカードをグレーチングの隙間から側溝に
 落としてしまい、「あ、落としてもた」と思った刹那、
 そのままスーッと流れて消えていくように
 下水道に繋がっているであろう鉄板の隙間へ。

 なんかこんな感じ()のコインゲームを思い出しました。


せっかくポイントをためる機会だったので勿体ないです。
とりあえず再発行することになりますね。