西 勧 客 渭  送
出 君 舎 城  元
陽 更 青 朝  二
関 盡 青 雨  使
無 一 柳 潤  安
故 杯 色 軽  西
人 酒 新 塵




<書き下し文>
元二(げんじ)の安西(あんせい)に使(つかい)するを送る

渭城(いじょう)の朝雨軽塵(けいじん)をうるおす
客舎(かくしゃ)青青柳(りゅう)色(しょく)新たなり
君に勧む更に盡(つ)くせ一杯の酒
西のかた陽関(ようかん)を出ずれば故人無からん


<意味>
元二が安西へ使者として向かうので送った詩

渭城(長安郊外)の朝の雨は軽い砂ぼこりを濡らして、
空気を爽やかにしてくれる。
旅館の前にある柳の木の葉は雨に洗われて、青々としている。
さぁ、ここでもう1杯の酒を飲み干したまえ。
西方の陽関を出てしまえば、旧友はいないだろうから。


まー要するに、遠方に出かける旧友にねぎらいの酒をやることで、
友情を酒を酌み交わすによって、一区切りをつけようということと、
元二を酔わせて行かせたくないという気持ちが同居しているわけです。



まぁ、でもいい漢詩ですよね。


「君に勧む、更に尽くせ一杯の酒」。

ぜひ皆さんもどうぞ多用してください。
ただ、お酒に弱い人には無理やり勧めないでください。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック