<産経新聞配信>

 厚生労働省のエイズ動向委員会は17日、
平成20年に新たに報告された国内の
エイズウイルス(HIV)感染者が1126人で、
平成15年以来、6年連続で過去最高を更新したと発表した。
新たに発症したエイズ患者も431人と過去最高となった。

 感染者の内訳は男性が1059人と全体の約94%。
感染経路別では同性間の性的接触が最も多く779人(約69%)、
次いで異性間の性的接触が220人(約20%)と、
性的接触が大部分を占めている。

年代別では10代19人、20代333人、30代428人、
40代202人、50代以上143人、年齢不明1人だった。

 昨年12~今3月の四半期の報告数では、
HIV感染者は249人と前回よりも43人減少したが、
エイズ患者は124人と過去2番目に高い値だった。

 


 

 

この結果から見えること。そして知ってほしいこと。

とりあえずひとこと。
やはり、といっては何なのですが、
同性間の性的接触が、感染の主たる原因なのですね。

いまだに「ゲイの人だけがかかる病気」とか
思われている人もいるのかしら。

ほかに考えられる原因としては、注射器の使いまわし、
注射器の刺しミス、輸血や母子感染などがある。

でも間違いなく言えることは、
この数字以上に感染は広がっているということ。
この数字は氷山の一角に過ぎないということ。

水面下では検査を受けてない人で、
キャリアである人間がたくさんいるはず。

 

HIVウィルスは主に血液感染しかできない、実はしょぼいウィルス。
空気感染やら飛沫感染やらするインフルエンザウィルスの方が
よっぽど対処に苦労するのですよ。

きちんとした理解を広げ、対応をすれば、
もっともっと感染者数が減らせるはずのウィルスなのです。

まずはリスクの高いセックスは避けるということですね。
以下に主な性感染でのリスクを書いておきます。

 

感染者側 →被感染者側リスク(確率)
口(キス)×  唾液にはHIVは含まれない
男性器(フェラ)
女性器(クンニ)
肛門(リミング)
男性器口(フェラ)△ 1/25,000
女性器(膣性交)○ 1/300~500
肛門(Aセックス)◎ 1/100
女性器口(クンニ)△ 1/25,000
男性器(膣性交)○ 1/500~1,000
肛門口(リミング)○ 出血があれば。
男性器(Aセックス)◎ 1/100

 

ちなみにこの表は、
私が実際にHIV抗体検査に行った際に、
陰性の結果と一緒にもらったもの。

セイファーセックス(安全なセックス)に努めましょうね?
そこのあなた、危険なセックスはしていませんか?
大事なパートナーを危険にさらしていませんか・・・。

コンドームは避妊のときだけに使うものではありません。
STD(性感染症)の予防にもなります。

だから、コンドームは相手を思いやる優しさと、
自分の身を守る1つで2役もこなす優れものなのです。

 

それにしても、、、
この数字だけではなんともいえないけれど、
「自分が同性愛者じゃないかな」って気づくのは、
10代後半から20代にかけてなのかな。。。

なんだか、複雑な思いです。

スポンサーサイト
コメント
俺も近いうちに検査受けに行こうって本当に思った・・・。
同性は好みじゃないが・・・
いろいろと思い当たりが・・・
2009/06/18(Thu) 21:39 | URL | まな | 【編集
思い当たりがあればすぐ行ってみるといいですよ。

まぁたいていは取り越し苦労になるとは思いますが、
無料でやってくれますし(結果まで2週間ほどかかるけど)、
思い立ったが吉日だと思います。
2009/06/19(Fri) 02:27 | URL | hibiki | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック