久々に買い物をしました。
といっても日曜雑貨品とかではなく、普通に趣味での買い物。
まぁ、古本屋で少女コミックを買うだけですけどね。

 

いやぁ、本当は今日はオフだったので、
夜明け前っていうか、4時過ぎで明るくなってきたころに、
友達と「お前今日ヒマ? じゃあカラオケ行くか」と
眠気で廃テンション状態で無理やり決定する。

で、11時開店だーと思って行ったんです。
そこは3Fが店舗なので、エレベータで上がるしかないんで、
エレベータに乗り込んだんです。

しかし、3Fを押しても点灯しない。
機械音が「点灯しない階には止まりません」とかほざいてる。
しかたがないので、一度5Fに行き、非常階段で1Fに降りる。

で、他に行き方ないし、おかしいなーと思って確認したら、
平日は12時開店だったっていうわけ。
うはwwwテラひますwww

 

しょーがねーなーというわけで、
近所の大型古本店B・OFFさんへ行ったんです。

そこで買ったもの

<白泉社:花とゆめコミックス>
○S・A スペシャル・エー (南マキ) 6~10巻
○花の名前 (斎藤けん) 1~4巻

<集英社:KCデザート>
○コスプレ☆アニマル (栄羽 弥) 2~7巻


もうね、ウチの本棚は少女コミックだらけなのよ。

とりあえず、下のグラフを見てほしい。
いま、部屋の中にある全コミックスを集計した結果である。

zousho 

わが部屋にあるコミックスのうち、実に57%が少女コミック。

そして、その少女コミック163冊のうち、
実に138冊(85%)が「花とゆめ」や「LaLa」などの
白泉社の「花とゆめコミックス」であることが判明した。

 

何でここまで少女マンガを愛しているのかはわからない。
だが、男であっても少女マンガが好きだという事実には変わりない。

スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック