今日、某大学の友人が所属していたとある部で、
徹夜マージャンを行うといううわさを聞きつけ、
睡眠障害で処方されている睡眠薬を投与しても、
夜中の2時に目が冴えてしまった私は、
健康麻将がやりたかったのだが、見るだけでもいいかと思い、
急きょ行かさせてもらうことにした。


まぁ、結果的には勝たせていただいたんですが、
今日の報酬はね、それだけじゃなくて、
かわいいイケメンがいたの!


超食いてえ!!!
襲いてええええええ!!!!

っていうか、寝顔の写メだけでもいいから撮らせてええええええ

 

私が、これくらい興奮するのもなかなか珍しいんです。

そう、いつぞやのTBS「オールスター感謝祭」で、
赤坂5丁目ミニマラソンで、小池徹平を初めて見たくらいの衝撃でした。

 

でも、やっぱり私が好きになる顔っていうのはどこか共通している。
あ、これはあくまでも対男性の話ね。

男性は、性格より容姿重視にしているので、私の場合。
女性の好みは幅広いんですが。
まぁ、そういう私の容姿は下の下ですがね。

 

一度、好きになった、あるいは、
気になった男性の顔写真を比較してみたい。

きっとどこかに共通性が見出せるはずなんだ。

 

しかし、その共通性を見出したところで、虚しいことはわかっている。

それは、私のこの気持ちに相手の男性が応えてくれるかどうかだ。

 

絶対とは言い切れないが、ほぼ0に近いといっても過言ではないだろう。

そういう男性ほど、ノンケだったりするのだ。

少し悲しい。だけど、これが人生なのよね。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック