さて、舞鶴を一瞬にして後にした私は、
ただひたすらに国道175号線、178号線を西へ向けて走った。

 

さて、宮津市内に到着である。

一応、天橋立あるし、観光していこうかなー

 

R178を外れて、天橋立方面へ。

 

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

絶望したっ!!!

 

さすが、「日本三大がっかり」の候補に入っているだけある!

ちなみに、札幌の時計台は確実に数えられるらしい。
残りは、はりまや橋、守礼門、京都タワーetc・・・

なんていうか、そこまで見たいっていう気にならなかった。
だって、たかが砂州(さす)でしょ?

なのに、こんなに人(と観光バス)が多いとか・・・
それだけで駐車料金取られるとか・・・
ケーブルカーで上がらないと見えないとか・・・

見 (え) な く て も い い ん じ ゃ ね ?

 

先はまだまだ長い、ええい、もう通過だ通過!

 

さて、R178に入りまして、
「この先40粁(=kmの漢字)、給油所なし」とかいう看板をスルーし、
そのすぐ行ったところでGSを見つけたり。
なんというウソ看板。そこまでして稼ぎたいか・・・。

まぁ、要するに丹後半島に入ったわけなんだ!

 

さぁ、あとは1本道だ!ine

R178は本当に海岸線に沿ってできているので、
よく海が見えて、走るのも気持ちよかった。
景色の良いところでは、ちょっと止めて写真を撮ったり。

で、丹後半島最初の道の駅、
「舟屋の里 伊根」に到着である。
到着時刻は13:30である。funeya

舟屋っていうのは、まぁWikipedia先生に
説明を任せるとして、こんな家のこと。
1階が船着場になっているんだって。

あと、ここがNHKの連続テレビ小説
「ええにょぼ」(=別嬪さんの意味)の舞台にもなったらしい。
確かに、展望デッキから見ていても、伊根湾は美しかった。

ここで昼食とした。
朝、適当に作った巨大なおにぎりを食べた。
満腹度が5増えることは無かったが、
この温度のせいかもしれぬが、少々味が変わっていた気がする。
まぁ、それもまた旅行の楽しみである。要は腹を下さなければいい。

 

さて、R178をまたひたすら走っているうちに、kyougamisaki
近畿の北端部、経ヶ岬に到着した。

ここには第一等レンズを使った経ヶ岬灯台がある。
しかし、私は灯台には興味は無い。
ただ、「近畿の最北端」には興味が引かれた。
だから、写真には撮った。後悔はしていない。

次は潮岬(近畿/本州の最南端)だな・・・
まぁ、R42には2つほど道の駅があるから、
それを目指して、冬にでも行くことにしよう。

 

さて、次は同じR178にある、
道の駅「てんきてんき丹後」なわけだが、
どうやら道の駅の写真を撮り忘れてしまったようである。

きっと、次に鳴き砂で有名な琴引浜へ、遠回りして行くか、
直接、次の道の駅「丹後あじわいの郷」へ向かうか、
かなり悩んでしまったからであろう。

 

そして、結果は。。。kotobiki

やっぱり遊びに来ちゃい ました!

国の天然記念物「鳴き砂」の琴引浜!

まぁ、学部の卒業論文で国の天然記念物
「和泉葛城山ぶな林」を取り扱った私としては、
天然記念物という言葉にも弱い。

最初、どうやったらキュッキュッっていう音を出すのか分からず、
浜辺で素足になって、波打ち際で歩いたり走ったりしていた。

そうしたら、一発波(ってほどでもないけど)が襲来。
半身ずぶ濡れ。恐るべし、日本海。

濡れてしまっては仕方ないので、帰ることにした。
そこで、ふと変な轍(わだち)を見かける。
もぐらか何かが掘り進んだような跡が・・・。

・・・・・・190 315

なんか思いついた。

 

そうか、すり足で地面を掘り進めばいいんじゃね?!

そうすると・・・きゅきゅきゅきゅ。

な、鳴いた!
うおおおおおおおおおおおお!

なんだかよくわからない感動が体内を駆け巡る!

 

コツをつかんだので、20分くらい遊んだ。
うん、やっぱり一人遊びは楽しいな。(1人っ子なモンで)

帰ることにした、そのとき。

( ゚д゚)ハッ! ←何かに気づいた人

どうやって靴下と靴をはいたらいいんだろう。。。

 

後先考えない人なので、こうなることもしょっちゅう。

しかし、今日の私は一味違った。
なんとハンドタオルを用意していたのだ。
とりあえず砂を払えば、靴下ははける!

なんという、意外な出番だったんだ。
本当は雨で濡れることを予想して準備したハンドタオルだったのに。
てか、気づいただけでもちょっと頭が冴えてるZE!!

 

さぁ、次へ行こう。
遠回りしてきたから、もう少しR178を西へ走り、r53に入る。

さて、道の駅「丹後あじわいの郷」に到着である。ajiwai
まぁ途中で、「あぁ?!」とか「あああああれぇぇぇ」とか
1人で叫びながら、3回ほどUターンしたけれど。

着いたのはいいけれど、寂しかった。
何が寂しいって。

♪ ほ~たるの ひか~り 窓のゆ~き~

もう閉店時刻っすか。
まぁ、もう17時だしなぁ。

ちょっと琴引浜で遊びすぎたか?
いや、天橋立にちょっとでも興味がわいた方が悪いな。

まぁ、スタンプ押せたからいいんだけどね!

 

さぁ、最後の道の駅「シルクのさと かや」(国道176号線沿い)に行かねば!
r53~R482~R312・・・

あれ? おかしいな、いま走っているの国道・・・176号線だよね?

宮津駅(天橋立より手前)に戻ってきたぞ・・・

GYAAAAAA

どっかで道間違えたな、これえええええ


宮津駅で地図を再確認。よし、いざ再度参る!

あぁぁぁ、前の車、律儀に40km/hなんか守るなよぉぉ・・・。
追い越してぇぇぇ。でも右側はみ出し禁止だしな・・・。

結果、閉店してました!
うん、たったの20分オーバーだった。

だから、写真はなし!
だって、着たのは事実だけどスタンプ押したわけじゃないから
(そこ、変な意地張っているとか思わない)。

道さえ間違えなければ。  ←コレは仕方ない
天橋立に興味を持たなければ・・・  ←コレだな主因は。

っていうか、店内にスタンプあるとか。。。
もっと誰でもウェルカムなところに置いて下さい、お願いします。

 

あぁ、与謝郡与謝野町ってどうやって次、ルート決めればいいのよ!
兵庫県内の道の駅ラリーの一部にするしかないな。

まぁそういうわけで、R176を福知山市内まで爆走し、
福知山I.C.から中国池田I.C.まで(西紀SAでちょっと休憩)、
ETC休日割引料金1100円でした。

んで、最後は池田から阪神高速。

走行距離:470km
所要時間:約14時間

長いけれど、楽しい、有意義な一日でした。

スポンサーサイト
テーマ:バイク
ジャンル:車・バイク
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック