いまひとつ、太平洋にある高気圧がパッとしない。
まだ小笠原気団の勢力がそこまで強くないということだろう。

雷三日といえば、梅雨明けの前に見られる現象である。

まぁ理屈は(きっと)こうだろう。

そもそも梅雨前線は停滞前線である。
暖気(小笠原気団)と寒気(オホーツク海気団)が
ぶつかり合ってできた部分を前線と呼ぶ。

いわば、暖気と寒気のがちんこ勝負中というわけである。
勝負の決着は小笠原気団の勢力が増し、
前線を北へ押し上げれば、文字通り晴れて梅雨明けというワケ。

まぁ、あくまでも気象庁発表だから、
「梅雨明けが無かった」という年も少なくない。

いつの間にやら終わっていた。
梅雨前線ってヤツは、天気図上ではそんな存在なのです。
まぁ、すぐに秋雨前線っていうのもできるしね。

んでー、梅雨明けが近づくと言うことは、
小笠原気団の勢力が増す。

小笠原気団は海上にある暖気なので、
湿った暖かい風を前線に送り込む。

前線では、寒気が立ちはだかっているので、
そこに雲(特に積乱雲<入道雲>・積雲<雨雲>)が発生する。

すると、雷雨や豪雨になりやすくなる、と。
まぁ、簡単に説明するとこんなところだろうか。

 

ところがどうだろう。

梅雨明けしていない地域(九州北部・四国・中国~東海)では、
ここのところ豪雨・雷雨に見舞われているが、
梅雨前線は北上するどころか、南下している。

これでは、梅雨明けもまだまだ先だろう。
次の雷三日で、梅雨明けするんじゃないかな? かな?

まぁ、雷嫌いの私としては、蒸し暑いし、晴れないしで、
この時期が一番嫌いなんだけどもね。

それでも梅雨に雨が降らないと農作物に影響が出る。

スポンサーサイト
テーマ:自然科学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック