いつの間にクールビズというのは、義務のようになったのでしょう。

確か、小泉元首相が、空調にかかるコストを
軽減させるために提案しただけの話であって、
義務化もクソもなかったように思うのですが。

ネクタイを締めようと、そうでなかろうと、
個人が自由に選択できるものでなければならないと思います。

空調がききすぎて寒い思いをしている少数派は無視ですか。

まぁ、夏は暑いものだと相場は決まっていますが、
だからといって空調をガンガンかけてもらうのも困りものです。
そのためのクールビズで、ネクタイを外して勤務してもよい、
そういうもんじゃなかろうかと。

ま、クールビズとか上が言い出したからには、
お役所関係は、すべてクールビズをさせられているようですけどね。

霞ヶ関のとある○○省とかいくと、
昼は太陽の光だけで、蛍光灯すらつけてませんよ。
そんな環境でよく仕事できるな・・・。

 

今日、バイトで塾に行きました。

ウチの塾はこれまで、夏期間もネクタイ着用でした。
それはこの前の日記でも書いたとおりでした。

でも、ついに私も憤慨しました。
塾の校長に久々に(私は非常勤だからね)会って開口一番。

 

校長いわく、「h先生、ネクタイ要らないから」

答えて曰く、「聞きましたが、ネクタイあった方が気も引き締まりますし」

いわく、「や、全員そうしてるから」

答えて曰く、「あぁ、塾一丸で統一感を出そうというわけですか」

 

なんか間違っているような気がする。
クールビズが前提なのは変な気がするんだ。

そして、気がついたら、理系講師が3人も辞めていたんだ。

ウチもそろそろ辞めるしかない、そう思った1日だった。

 

P.S. 禁欲期間を47日目でリセット

スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック