「道の駅 近畿」スタンプラリーを始めて、はや2年。
いつまで経っても行けないと思っていた場所がある。

roadsta1

それが、地図上にマークしてある「道の駅 九頭竜」である。

最初は、「なぜ福井県は北陸じゃなく近畿に入っているのか」
という疑問も抱いたが、それがいつの間にか、
「福井県のこんな端の端になぜ作った」という疑問に変わった。

どれだけシミュレーション(powered by NAVITIME)しても、
名神で米原Jct.へ行き、北陸道で福井IC、
そこから国道158号線で大野市へ回るという、
もっともこの「道の駅 近畿」の趣向に沿った行き方は、
まったくもって通用しなかった。

最適な生き方は、名神で一宮Jct.(愛知県)まで行き、
東海北陸道で白鳥IC(岐阜県)まで北上、
そこから油坂峠道路で白鳥西ICまで行き、国道158号線で
県境を越え大野市まで突っ切るという行き方であった。

この場所に立つ道の駅へは、
「これは・・・、冬にスキーで行った方が。。。」と漏らし、
さすがの彼女(元)もついて来てはくれなかった。
他の道の駅へはたいてい同行してくれたのだが。

 

そこで、この秋の大型連休を利用して、
これまでの実習期間で貯まったうっぷんを晴らすとともに、
まぁ、高速代も安くなったことだし、
「雪が降る前で、行けるときに行こう」と思い至ったので、
ここにその旅の記録を残すこととする。

スポンサーサイト
テーマ:ツーリングレポート
ジャンル:車・バイク
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック