2009年9月21日、午前6時45分起床。
睡眠時間は2時間あまりだが、さほど疲労感もない。

近くの24Hスーパーへ行き、
半額になったから揚げ弁当(定価298円)、
ドライカレー(同120円)、やきめし(同120円)を買った。

 

帰って朝ごはんを軽く食べ、出発の準備をした。
以前から計画をしていた九頭竜湖へ向けてである。

持ち物はリュックに、ガム・フリスク、食料、飲料(1L)、
折りたたみ傘(後々考えたらバイクに傘は意味がない)のみ。

装備は、長距離の高速、および山間部なので秋・冬装備。
ライダージャケット、サングラス、夜間走行用メガネ、Walkman。

荷物は最大限少ないほうがいい。

TV(おはよう朝日です)を見ていたら、
すでに名神や中国道で渋滞が始まっていた。
吹田で17km、宝塚で25km。そろそろ行くか。。。

 

午前7時45分、ETCカードをセットしエンジンスタート。
TripAをゼロにリセットする。

阪神高速から順調に名神高速豊中ICへ。

 

できるだけSA(サービスエリア)に立ち寄って、
SAについても報告をしてみたいと思う。

 

さて、最初の休憩ポイントを、kusatsu_SA
(名神大津SAではなく)トラウマのいまだ残る
京滋バイパスを抜けた草津SAとした。

単にガソリンの残りを勘案すると、 そこら辺になっただけである。
まぁ、まだ疲れていないのと、 名神が混んでいたからというのもあるが。

午前9時25分 滋賀県草津SAに到着。
すでに人はいっぱいである。

大山崎付近でも渋滞に巻き込まれたが、
このまま行けば先、どうなることかと思いやられる。

 

草津SAで給油。単価は132円/L。
高い。下界では、まだセルフで110円台があるというのに。

まぁそんなことは言ってられないので(ガス欠の恐怖よりかはマシ)、
「レギュラー満タン、現金で」という、初心者ドライバーなら、
誰しもが最初の給油で緊張し、また憧れでもあったセリフを告げる。

 

草津SAを出発。
すると、栗東ICを過ぎたころに様態の美しい山が出迎えてくれる。
三上山(みかみやま:標高432m)、いわゆる近江富士である。

その美しい様態に心を奪われ、
写真に収めるべくすぐさま菩提寺PAに入った。
しかし、近江富士を拝むことはできず、通過することとなった。

あの様態の美しさは、「7SEEDS(小学館)」でも取り上げられるべき。

 

そして、草津SAを出発してからtaga_SA2 
およそ1時間後、多賀SAに到着である。

実際に走ってみると、
滋賀県が狭くない県だということがよくわかる。

縦幅は大阪府と同じで、
横幅が大阪の縦幅と同じくらい。
大阪は縦=横×2なので、だいたい滋賀県の面積は大阪の2倍くらい。

多賀SAにはスタバがあった。taga_SA1
とりあえずスタバに入ったら、 タンブラーを見る癖がついてしまった。

ご当地タンブラーはなかったが、
ブラックエプロンのタンブラーがあった。

最近どんなタンブラーが販売されているのか、
まったく知らないので、買っていいものか悩んだがやめておくことにした。

 

多賀SAで適当に休憩した後、なおも東奔は続く。
伊吹山地の主峰、伊吹山が近づいてきた。

名神で伊吹山地を通過する際は、だいたいが雨か雪という、
なんともすごい普段の行いが悪いんだなと思わせてくれる場所である。
しかし、今日は、どうやら曇りがちの晴れで許してもらえそうだ。

その主峰、伊吹山を見たくて、伊吹PAに入った。
どれが伊吹山かわからなくて、適当に写真を撮ったら、
実はまったく反対の方角の風景を写していたっていう。

でもそれにはまだ気付かず、気分がいいまま関ヶ原トンネルを抜け、
岐阜県へ「イーン!\(^o^)/」する。やっとかめ東海。

 

さて、そんな勘違いにも気付かず、  yoro_SA1
多賀SAから約50分で養老SAに到着した。

とりあえず養老といえば滝。
でもどこにあるのかわからないので、
養老の山々(養老山地)を撮影しておくことにした。
これは、方角間違えていないのでUPしておこう。

っと、ここでなんか迷彩服の人が一服してる。yoro_SA2

―なんだ・・・? 1人だけじゃないぞ。

なんかそういう人の集まりかと思ったら、
本物の陸自隊の人だった\(^o^)/

もうね、制服の自衛官なんてみたことなかったから、
そっちばっかり気になって、養老SAの建物撮るの忘れた。

 

さて、もう11時を回ってきた。
そろそろお昼ごはんの場所も探したいが、
東海北陸道までは行ってしまいたい。。。

一宮Jct.から白鳥ICまでどれくらいかかるかわからないし、
とりあえず、午前中は進んで行くしかないかなと思った。

養老SAから、さらに東へ。
揖斐川、長良川、木曽川と岐阜の3大河川を順に越え、
愛知県・一宮Jct.で東海北陸道へ入って、北上開始。
各務原市に入ったところですぐになんか観覧車が見える・・・。

おおお、これがうわさのPA直結のハイウェイオアシスかー
川島PA。河川環境楽園。うん、どうでもいいからスルーしよう。

 

んで、養老SAから50分後。nagaragawa_SA1
長良川SA(関市)に到着した。

この長良川SAは下りしかない。
ちょうどお昼過ぎだし、ここで昼食にすることとした。

269円でスーパーで買った割には、
量が多く感じたので、とりあえずから揚げ弁当から消費。

と、食事を2回に分けると割りばしをどうしようか・・・と思い立つ。
「このまま持っていくか」、「トイレで洗って使うか」を悩み、
その後、思いついた。SA内の食堂に割りばしはある!

というわけで、悩みの種も解消されたことだし、
お腹もいっぱいになったし、さぁお昼の部再開だー。

 

「兄ちゃん」

背中からそんな声が聞こえる。

きっと空耳だ。それか誰か違う人を呼んでいるんだろう。

 

「兄ちゃんょ」

うあー、2回目ってことは、自分が呼ばれてるのか?
恐る恐る振り返る。ライダー2人が私を見ている。

「どこまで行くんょ?」

明らかに関西弁とは違うイントネーション!
( ゚д゚)ハッ! もはや、ここはもう関西弁が通用しない地域なのだぎゃ?

「九頭竜湖までです・・・」

明らかに笑えてなかった。今でも覚えている。

 

「九頭竜か・・・。白鳥からだなぁ・・・」

その次の言葉に、私は自分の計画のもろさに気付かされるのであった。。。

 

<午後編へ続く>

スポンサーサイト
テーマ:ツーリングレポート
ジャンル:車・バイク
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック