さて、いよいよ旅のクライマックス。
クライマックスというか、ようやく目的地に到着。
「これ、今日中に帰れるのかな」という不安も若干あった。

まぁなんだかんだで14時に到着。
約6時間での到着ということになる。

この記事では主に写真でお送りしたいと思います。
文字で表すよりも、写真を直接見ていただいた方が早いです。

 

まずは、「道の駅 九頭竜」と、JR越美北線の九頭竜湖駅。

kuzuryu

kuzuryu_sta

etumihoku

 

続いて、九頭竜ダムと九頭竜川の風景。

kzrriv

kuzuryu_riv

kuzudm4

 

 

 

kuzudm3

kuzudm2

kuzudm1

 

 

 

 

kuzu_dm今回の写真の中で、会心の作品が右。

九頭竜ダムの上に立っていました。
高所恐怖症の私には、
足元から128mほぼ垂直に下を見下ろすには、
撮るまでに足が固まって、手が震えて。

撮った後すぐに逃げるように退いたけど。

 

 

さて、まぁ道の駅 九頭竜よりも、
どっちかというと、九頭竜湖駅の方に興味が行ってしまって、
入線してきたキハ120形ばっかり見てた。

うん、なんていうか、ここの駅では、
電化されていないディーゼル車が良く似合っていた。

 

九頭竜湖駅を少し西に行ったGSで給油。
東海北陸道の給油可能なSAまで戻るのに、
給油しないと持たない気がした。
単価が137円/Lだったが、やっぱりガス欠の恐怖にはかなわない。    

 

九頭竜湖には、箱ヶ瀬橋という橋が架かっている。hakogase_brid

瀬戸大橋の試作として作られた吊り橋で、
これまた美しい姿の橋梁である。

こんなところで、試作されていたんですね。

 

帰りは、油坂峠道路の無料通行可能部分を使わずに、aburazaka
やっぱりR158の山道を走った。

だからこそできた、県境またぎ。
油坂峠道路だったら止まってられないもの
(自動車専用道路なので、駐車等ができない)。
きれいに、岐阜と福井の県境の真ん中。

 

 

さて、県境またぎもやったし、
道の駅のスタンプも(白紙をもらって)無事押せたことだし、
あとはやってきた道を帰るだけ。

関SA(上りのみ/下りは長良川SAに相当)で、
暗くなってきたので、サングラスから夜仕様メガネに装備変更。
ついでに朝に買った食料の残りを食すことにした。

 

それにしても疲れたなぁ。
背もたれ付きのイスに座りたいぞー・・・。
と、思いながらSA内をウロウロしていたが、
食堂スペースにはなかった。

壁が背もたれっぽくなっていて、
イスがあるところなら見つけた。喫煙ルームである。

疲れたものは疲れたので仕方ないと思って、
喫煙ルームに入る。まぁ人あまりいないしいいや。

で、これまでの疲労をとろうとゆっくりしていた。

 

 

「すみません、お客様・・・」

 

(´-ω-)?

 

「お客様?」

 

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)ハッ!!

 

「あの、もしご気分が優れないようでしたら、
 サービスエリア内にベッドで横になっていただけますが・・・」

「あ・・・、いや。だ、大丈夫です。はい、すみません。」

 

くっそぅ・・・、思いっきり寝てた。
時計を見たら1時間半も寝てやがった。
しかもなんか身体全体がしびれて動けないし。
なんか、めちゃくちゃ心配されてるし。

ゆっくりした結果がこれだよ!

なんとなくバツが悪いので、しびれが治まって動けるようになってから、
喫煙ルームを出て外で食べることにした。

 

割りばしを2膳用意した方がよかったと昼間後悔したのは、
後で食べようと思ったとき、口つけた部分で雑菌が湧いたら嫌だったから。

だから、SAの食堂で新しい割りばしをもらえることに気付いたのは、
もう普段使い切れていない脳みその一部分が働いたからだと思う。

 

さて、ドライカレーと焼き飯だが。
まぁ賞味期限AM10時とか書いてるけど大丈夫だろ。
どちらから食べようかなー。

よし、ドライカレーから!

 

ふっふーん♪ (イオンのCMなノリで)

ラップをはがし、はしを突っ込んで持ち上げてみる。

・・・なんか粘ってる気がするのはキノセイかな?
・・・いや、なんか糸引いてるけど、これ油脂かな。。。?

 

― 食えんのか?
とりあえず、ひとくちだけ口に入れてみることにする。

・・・なんか納豆の味がする。

 

なんかおかしい、なんかおかしい、なんかおかしい

臭いもなんかカレーじゃなくなっている気がする。
どっちかというと納豆を乗せたご飯のにおい。
いやもう納豆のにおいしかしてないね、これ。

 

1/4くらい食べたところで、ついに堪え切れなくなって、
「MOTTAINAI<食中毒の危機」と緊急脳内会議の結果が出て、
ドライカレーをあきらめることにした。勇気の要る判断であった。

 

じゃあ、やきめしはどうなんだろうか・・・。

ラップをはがしてはしを突っ込んでみる。
やはりなんだかネチョっている気がする・・・。

捨てるか・・・?
いや、食ってみないとわからない。

ひとくち入れる・・・

味がもうない。
でも、納豆の味はしない。

 

食べよう。
一粒の米にも万人の力がこもっているんだ。
一滴の水にも自然の恵みがこもっているんだ。

それを捨てることなんて私にはできない!
納豆味になってしまったドライカレーを除いては!

 

その後の名神高速上で・・・

「なんか腹いてええええええ」

わめいていたことは言うまでもない。

 

 

総走行距離 573km(記憶あいまい)
総行程 約15時間(うち1時間あまりは睡眠)
給油 3回(計24.22L)

スポンサーサイト
テーマ:ツーリングレポート
ジャンル:車・バイク
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック