はい、こんばんは。

えっとまぁ、今日は徒然なるままに書きつくっていこうと思います。

 

いま、科目等履修で「地学実験」を履修しているのですが、
実験と科目名に付いていながら、
190分(90分×2コマ+10分の休憩)の時間中、
100分ほどはノンストップで先生の話で、
脱線に脱線が続いてようやく終わったかと思うと、
30分くらいで実験というかレポートを書いて、
そのレポートが終わり次第、各自解散という、
なんともぬるいことをやってます。

いやまったくぬるい。 ちょっと授業料返して欲しいと思う。

でもまぁ、地学には興味満点なので、
普段の私では想像できないほど、とても真剣に聞いています。

 

初回(第1回)はアポロ15号に関するドキュメンタリー番組視聴(ANX)
前回(第2回)は地球の歴史(講義)
今回(第3回)は月の歴史とクレーター(講義)

 

結構、話自体は楽しいです。
・なぜ、地球は46億年前にできたってわかるの?
・なぜ、月にはクレーターがたくさんあるの?
・なぜ、月はいつも地球に同じ面を向けているの?

まぁ、普段何気ないことでも、
実際に「なんで?」って聞かれたら困ることはたくさん。
いやはや、天体にはロマンがありますよねー・・・。

 

さて、家庭菜園っていうか、農園しているんですが、
9月20日に定植しました。その際の写真が以下の通り。
agri1 agri2 agri3
agri5 agri4 agri6
一応、水菜、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリ、赤キャベです。
もらってきた苗は、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリ、赤キャベ。
最初はそれだけしか植わってなかったんです。

で、定植後は教育実習中だったので、
その間の水やりは父親に任せていたところ、
実習後に行ってみたら、なんか増えてた。
水菜とブロッコリーの苗をコーナンで買ってきて定植したらしい。

 

んで、1ヶ月くらい経過して、だいぶと生長して大きくなったので、
さらにそこから生長をブーストさせてやらないといけないので、
水菜以外にサンパチ(8-8-8:朝日工業製)*1を昨日追肥。
ちょっと水菜はもうフリーダムに生えて切っているので、
早く霜が降りないかと収穫を待っている状態。

 

昨日の今日で、夕方に見に行ったら、すごく・・・元気です・・・。

なんか、追肥して青々としてるというか、
なんかもう生き生きしている感じがしました。
ちょっと追肥前は、へばってた感じがあったんですけどね。

楽しいですね。農園。
mixiのアプリより、当然リアル。っていうか現物。

バッタもばったばったいるんですが、
捕まえては捨て、捕まえては捨ての繰り返し。
昆虫嫌いとか言ってられない。取らないとやられる(食われる)。

コナガかモンシロチョウの幼虫もいるし。。。
オルトラン撒いてるんですが、それでもいるからなぁ。
ちょっと農園してるとチョウが嫌いになれます。

 

そして、帰って楽天を応援してたら、
9回裏、1アウトまでいって、サヨナラ満塁ホームランで逆転負け。
私が応援したら、こんなもんですよ・・・。

 

*1 サンパチ
 サンパチとは、化成肥料の中で、窒素、リン酸、カリの各養分が、
全体の質量の8%ずつ含まれている化成肥料のこと。
広く一般的な配合なので、サンパチと呼んでいる。

窒素は、硝酸態窒素とアンモニア態窒素の2種類。
リン酸は、リン酸カルシウム(過リン酸石灰)。
カリは、硫酸カリウム。それぞれの重量比率で表示されている。

他にも5-5-0(=15-15-10)、20-20-20などもある。
用途に応じて、配合の違う化成肥料を用いるが、
家庭菜園で野菜を栽培するときは、
あまり深く考えずにサンパチで十分である。

スポンサーサイト
テーマ:野菜づくり
ジャンル:趣味・実用
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック