ぬあー、教育勅語とご対面しました。

いつかは勉強するんだろうなとは思っていましたが、
最近、何だか歴史ばっかり勉強して頭が痛いです。
理系の頭に、歴史は入ってこないんです。

いやまぁ何事も先人からの積み重ねなので、
自分が何者で・・・、とか考えると、
その物事の「歴史」を知る必要はあると思うのですが、
いかんせん歴史が苦手(地理は大得意・・・)なので、
拒否反応を起こすんですよね。

で、今回は「道徳教育の研究」という、
小・中学校の教員免許状を取得するのに、
現行法では誰しもが同様の講義を受ける科目です。

 

明治23(1890)年10月30日、教育に関する勅語、
いわゆる「教育勅語」が発布されました。

本文は別に覚えなくてもいいんだと思うのですが、
一応、法律とか覚えるのは好きなので、
書き写しておくことにします。

で、まぁここで問題になるのは、
私の思想が右に寄ってるか、左に寄ってるかですよねー・・・。

まぁ、別にどうでもいいですか。
性格判断で行くと、保守的(右・日本だと自民党)かなぁ・・・。
間違いなく革新的(共産・旧社会党)ではないですね。
何かを変えることなんて怖くてできませんもの。

まぁ、政治に関しては別問題かな。
一応教員である以上は、特定の政党を支持できないからね。

 

まぁ、そんなこんなで、教育勅語を全文。

 

教育勅語

朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ
我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ
此レ我カ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス
爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ
恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ
學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ德器ヲ成就シ
進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ
國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ
天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ
是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス
又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン
斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所
之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス
朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

明治二十三年十月三十日
御名御璽

 

まったく読めません・・・。いや、漢字が難しすぎて。
くっそー、読み仮名があれば明治擬古文でも読めるのになー・・・。

というわけで、読み仮名と句読点入りにしてみました。

 

朕惟(おも)フニ、我カ 皇祖皇宗 國ヲ肇ムルコト

宏遠(こうえん)ニ 德ヲ樹(た)ツルコト深厚ナリ。

我カ臣民 克(よ)ク忠ニ 克ク孝ニ

億兆 心ヲ一ニシテ 世世 厥(そ)ノ美ヲ濟(な)セルハ、

此レ、我カ國體(こくたい)ノ精華ニシテ、

教育ノ淵源(えんげん)亦實ニ此ニ存ス。

爾臣民 父母ニ孝ニ 兄弟ニ友ニ、夫婦相和シ、朋友相信シ、

恭儉(きょうけん)己レヲ持シ、博愛衆ニ及ホシ、

學ヲ修メ業ヲ習ヒ、以テ智能ヲ啓發シ、德器ヲ成就シ

進テ、公益ヲ廣メ 世務(せいむ)ヲ開キ 常ニ國憲ヲ重シ、

國法ニ遵ヒ、一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ、

以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ。

是ノ如キハ、獨リ朕カ、忠良ノ臣民タルノミナラス、

又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰(けんしょう)スルニ足ラン。

斯ノ道ハ、實ニ我カ 皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ、

子孫臣民ノ倶(とも)ニ遵守スヘキ所。

之ヲ 古今ニ通シテ謬(あやま)ラス 之ヲ中外ニ施シテ悖(もと)ラス。

朕 爾臣民ト倶ニ 拳々服膺(ふくよう)シテ

咸(みな) 其德ヲ 一ニセンコトヲ庶幾(こいねが)フ

明治二十三年十月三十日
御名御璽

 

これで読みやすくなったはず!
あと、意味は取りあえずヤフーとかでググったらいいと思うよ!

スポンサーサイト
テーマ:教育
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック