今、散歩しながら南から東にかけての空を見上げていたら、
オリオン座が見えました。
この時間かよ、っていうツッコミはなしで。

最近は涼しくなって、空も高くなってきましたね。
オリオン座流星群が今ピークということらしいので、
ちょうどいい時間だったかなぁ、と。

 

オリオン座の探し方は、都会っ子向けですが、
秋から冬にかけて、まず冬の大三角を探します。
これから、だんだんと出てくる時間が早くなります。

冬の大三角は、オリオン座のベテルギウス、
こいぬ座のプロキオン、おおいぬ座のシリウスの
3つの1等星(より明るい)で構成しています。

都会のネオンの輝く下では探しにくいですが、
まぁ学校の校庭とかで見る分には、
同じくオリオン座のリゲルとともにとても明るい星ですから、
とりあえず、これら4つの星を探すといいと思います。

特にベテルギウスは、青っぽいリゲルより、
やや左上にあって赤っぽい色をしているのでわかりやすいかと。

 

で、暗闇に目が慣れてきたところでよおおおおおく見ると、
ベテルギウスとリゲルとの対角線上のちょうど真ん中あたりに、
3つの星(ε星アルニラム、ζ星アルニタク、δ星ミンタカ)が
並んでいるはずです。これがオリオン座。

 

ぼーっとイヌを連れながら、歩いていたら、
スッと流れてる一筋の光線。

おおぅ、この土地でも見られたか。

 

こりゃ、能勢とか滝畑(河内長野)いったらすごいんだろうな。
能勢だと天の川まで見られるしなぁ・・・。

 

前にマンションの踊り場から眺めたのは、しし座流星群だったかな・・・?
ありゃ? ペルセウス流星群かペガサス座流星群だっけ・・・?

スポンサーサイト
テーマ:自然科学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック