今日は、おいしい コーヒー紅茶の淹れ方についてです。

いやまぁ、紅茶王子を最近読み直しているんですけどや、
多分このままだと売り払う可能性があるので、
一応メモ代わりに書いておこうと思います。

 

1.へそでお湯を沸かす。
このとき使用する水は空気を含んでいることが最重要。
なので、蛇口からひねった水道水が最も良いとか(特に日本)。
ミネラルウォーターを使用する場合は、「軟水」を選択し、
一度開栓してからよくふって空気を含ませてから使用するとよい。

注1:沸かし直し、保温状態のポットのお湯は避けましょう。
注2:硬水はMgやCaが抽出成分と結合して風味を損うため。

 

2.ティーポットを温める。
ある程度お湯が暖まってきたら、ティーポットにお湯を入れて、
前もって温めておく。理由は「茶葉が湯でよく踊るから(「ジャンピング」)」。
1.の空気を良く含んだ水の意味もそこにあり。

2.5 お湯が沸騰してきたらポットの湯を捨て、さっと拭く。
拭いた後はポットを冷まさないようにマット・タオル等の上に置いておく。

 

3.茶葉を計量する。
茶葉は表示されている通り計量する。
好みがあると思うので、最初は表示よりやや少ないめに。

表示がない場合は、
「カップ1杯につき、ティースプーン中盛り1さじ」
「350ccのポットにティースプーン中盛り2さじ」

3.5 やかんのフタを開けてカルキを飛ばす。

 

4.ポットにお湯を注ぐ。
やかんのフタをし、コンロの火は消さずに、
ポットにお湯を高い位置から注ぐ(空気を入れるため)。
お湯を入れたら、すぐフタをし、ティーコジー
(ティーコゼ:アフタヌーンティーとかでポットにかぶせてくれるアレ)を
かぶせて保温する。タオルでぐるぐる巻きにしてでも可。

 

5.焦らす。蒸らす。
表示時間通り蒸らす。表示がない場合は4~5分が目安。
茶葉に含まれるタンニンは水溶性(カテキン)なので、
蒸らす時間を端折ると、渋味ばっかりが出るため注意する。

 

6.カップに注ぐ。
ストレーナー(茶漉し)をカップに起き、ポットから注ぐ。

 

☆ワンポイント
軽め・まろやか派の方は、茶葉を少なめ、蒸らし長め。

紅茶王子 (1) (花とゆめCOMICS)紅茶王子 (1) (花とゆめCOMICS)
(1997/08)
山田 南平

商品詳細を見る

 

ちなみにこっちも宣伝しておきましょう。
おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック