DIYを短縮せずに言うと、タイトルのように
"do it yourself” になるんですが、
まぁ定義が難しいので、どこまでがDIYなのか、
よくわからないのが現状であります。

 

今日は、「マウスを分解してみよう」です。

 

正月くらいに買った500円のマウスのホイール部分が、
青色LEDで光るようになっているんです。
あ、ホイールはプラでスケルトンになってるんですね。
だから青色光っぽくなるんです。

でも、よく考えたらこれって、
PCから離れているときもきっと電気を食うわけで。

 

よし、まぁこれだけ外そうと思ったんです。

 

もともと基盤上で、抵抗、トランジスタを見るのが楽しい。
まぁ抵抗の色を見ても意味(抵抗の大きさ)わからないし、
n型とp型半導体の違いとかもよくわかんない(物理苦手だし)。

まぁできればはんだとかで遊びたいけど。
器具がないからそこまでできないけどもー。

 

で、マウスの裏面のビスを取り、
開けて基盤見たら、LEDだけ単独っぽいので、
まぁ普通にニッパーでLEDの足切ってはんだごとごり抜く。

 

んで元に戻す。はいできあがり。

ちょっと力入れすぎて裏面のプラ板割ってもうたけどー。
まぁ機械の中をいじるのは楽しいんですよね。
分解だけして、直らないことがよくよくありますが。

スポンサーサイト
テーマ:PC周辺機器
ジャンル:コンピュータ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック