愛と絆の違いは何だろう?
絆も愛も、同性だろうが築けるはず。

答えになるかわからないけど、夢が一つの考えを与えてくれた。

 

木彫りのフランス人形に恋をした男がいた。
失敗作とされ、壊され薪として燃やされる運命だったその娘を、
男は盗み出し、駆け落ち同然で村を飛び出した。

 

男は、娘にビスチェを着せ、ドレスで装い、磨き上げた。
しかし、いつまで経っても自分の心が満たされることはなかった。

「なぜ自分たちは愛しあえないのか?」
彼は自分に問い、天に問い、そして嘆いた。

 

彼女は言う。
「絆はそう、一本の丸太のよう。
 切り方・削り方次第で如何様でも変わるの。」

つまりは、愛は”キズナ”の内の1つの表現方法、であると。

 

1本の丸太から生み出された彼女。
「私は、削られ方を間違えられたの。」

 

だから・・・

いつまでも絆以上の何かになるなんて、・・・あり得ない。

 

それを聞いた彼は一生涯、
彼女だけを想い続けることしかできなかった。

スポンサーサイト
テーマ:恋愛日記
ジャンル:恋愛
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック