こんばんは
スーパーの夜の特売に行ってたhです。

精算して、帰ろうとバイクにまたがった時です。

中年くらいの男性が自転車の上でなんぞしてるんです。
夜ということと目が悪いことで、しげしげと観察していると、
どうやらここで安くなって買った弁当を食べているようです。

 

私は、そのまま帰りましたが、どうもそのおっちゃんが気になるのです。

なんで家(部屋)でなく、スーパーの夜の寒空の下、
わざわざ人気もまばらな駐輪場で食べてはるのか。
家がないんやろか、それとも他に何や理由があるんやろか・・・?

 

部屋がある
好きなときに帰れる家がある
(生)暖かく見守ってくれる家族らがいる

 

私は何て恵まれているのだろう・・・

 

簡単に死ぬなんて言ってはいけない・・・

言葉に表せないいろんな気持ちが溢れてきて、私はやはり泣いてしまった。

スポンサーサイト
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック