清風南海(04年完全実施)、開明(06年完全実施)と、
大阪府の私立男子校が、 次々に共学制になっていく流れは止まらず、
ついに、上宮も2011年(平成23年)度より、共学になります。


この動きからして、清風はどう動くのでしょうか。
清風は現段階で、中高一貫というのを文字通り貫いているので、
中学入試で約400人(A~Jの10クラス)採っています。

まぁ、清風はこれまで通り、8時35分に狭いグラウンドに
中高3,000人の男子生徒を集めて朝礼をするという
制度的な変更はないと思います。



ただ、1つ言えることは、生活指導部が大変になりそうだということ。

上宮と清風は歩いて5分しか離れていないため、
最寄駅である上本町/谷町九丁目または桃谷までで、
上宮の女子生徒と接触するということです。

桃谷も上六にも、ジャンカラがあったりと、
繁華街のど真ん中の学校なので遊ぶ場所がたくさんありますが、
当然、生活指導部は目を光らせなければならないでしょう。



共学化することで上宮はどうなるでしょうか。
清風南海は、女子は偏差値(五ツ木・駸々堂テストで)70↑しか採りません。
ですので、南海全体での学力というのは依然大阪府下でもトップレベルです。

ですが、上宮はまだ発表していませんので、これからを占うことはできません。


しかし、1つだけ言えることがあります。

「中・高で付き合うとか、マジ爆発しろ」
スポンサーサイト
テーマ:受験
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック