私は昼間に思い通りに活動できない場合、
特に誰かに迷惑をかけた場合、「夕食を抜き」ます。

別に拒食症ではないのですが、空腹に耐えることで、
昼間できなかったことへの補償とするのです。

実行中の自分が思っていることを言葉にすれば、
これは「贖罪」
しかし甚だ利己的である。誰も得しない。


ひどい時は、3日も1週間も続けます。
最近はマシになってきて、1日で止めますが、
それでもやっぱりやってしまいます。


今日も大学の講義に出られなくて、抑うつ気分になり、
結局、ビスケット3枚とカップのヨーグルト1個で、
もう寝ようと思っています。


だから、恋愛をしたくても、相手に申し訳なくて、
できない、したくない、と昨日のブログになるのです。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック