なんかちょっと購買欲が出てきたので、
古本屋でマンガでも買おうと思い、いま継続購入中の、

S・A、ヴァンパイア騎士、執事様のお気に入り、未少年プロデュース
オトメン、満月(フルムーン)をさがして、会長はメイド様!

などの蔵書(本棚的な意味で)をメモしてGO。

いや、気分的には、パチで時間潰そうかなとも思ったんですが、
上手いこと財布にお金を入れていかなかったので、
行き行けませんでした(お札がなかったんだよ)。
 ↑ ここが自分の欲に勝った瞬間。 ↑



まず1店め。
ここは、少女コミックが2冊で105円のところなので、
ちょうど抜けている巻とかが偶数冊あるとラッキー。
ただし、人気の作品はこの値段の対象外。


でも今日は、いいのがなかったんで、ライトノベルコーナーへ移動。
ライトノベルはちょっと蔵書を調べていなかったので、
購入は控えました。かぶったら嫌だしね!


んで、ぶらっと適当に歩いていたら、
アンソロジーコミックの棚のところに同人誌が置いてあった。

「同人誌まで扱うようになったのか、この店」
と思いながら、量が少ないことをいいことに、物色。

「まんだらけ」とか「とらのあな」、「K-BOOKS」行った時の
あの蔵書数っていったら。。。

欲しいのが仮にあったとしても、掘り出せるか、
それとももう探すのに疲れてあきらめるか、になります。


そして、なぜかみつけたんだ。

kozouyaset



子蔵屋、アス×キラ8冊セット!
お値段もお安い!(K-BOOKSなら1冊しか買えない価格)

もう今日はこれだけでテンション↑↑↑



その余韻を楽しみつつ、2店目。
いわゆるブックオ○というお店である。

ここでは1冊105円で、結構人気のある作品も置いてある
(経年劣化で色がついていたりするが読むには問題ない)。

ここでwith4巻、満月7巻を買い、完結させることに成功。


とてもよい買い物ができたと思っている。
さて、同人誌はどこに隠そうか・・・。
スポンサーサイト
テーマ:同人周辺
ジャンル:サブカル
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック