桃尻ときくとどういうのをイメージしますか?

momojiri こんな感じ?

ろ。でいうと、素プリの座っているときの
プリッとしたお尻を想像するでしょうか。

ろ。やっていない人には全く伝わらないでしょうが、
まぁ要するに、桃のようでプリっとしたお尻なんですよ。


でも、この桃尻。
いつから使われるようになったんでしょうね。


吉田兼好の「徒然草」の第145段に、桃尻という単語が出てきます。
ということは鎌倉時代末期にはもう存在していたということですね。

その第145段を読んでみましょう。

御随身 秦重躬(はたのしげみ)、北面の下野入道信願を、
「落馬の相ある人なり。よくよく慎み給へ」と言ひけるを、
いと真しからず思ひけるに、信願、馬より落ちて死ににけり。
道に長じぬる一言、神の如しと人思へり。

さて、「如何なる相ぞ」と人の問ひければ、
「極めて桃尻にして、沛艾
(はいがい)の馬を好みしかば、
この相を負せ侍りき。何時かは申し誤りたる」とぞ言ひける。


訳します。

後宇多上皇のSPである秦重躬は、
御所の警備員(今の皇宮警察)である下野信願を見て、

「落馬する相が出ていますよ。十分お気をつけなされ」と言った。

にもかかわらず、信願は「マジで~、超ーウケるんだけどー」
一向に信じず仕舞いだった。

ほしたら、ホンマに信願がウマから落ちて死んでしもうたんや。
乗馬通の人が一言、「神やろ、jk」と感動してついったー


この話を聞いた人は驚いて、
「落馬の相ってホンマでっか? どないな相ですんや?」

「信願どのは、こうお尻がキュッとなってる桃尻でな。
 桃尻の人は、ウマと相性が悪いんや。
 ウマがそういう人を背にするんを嫌がるんや。
 ま、ウマが合えへんかったっちゅーことやな!

 それやのに、イレコミの激しいウマばっかり好んで乗るモンやさかい、
 『いつかは落馬する』兆しは、元々あったってことやな。
 なんか言い間違がっとるけ?」
 と言ったそうな。


桃尻は馬に乗る時代にはあまりいいものじゃなかったんですね!

でも、お尻フェチの人って結構いますよね・・・。
スポンサーサイト
テーマ:歴史雑学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
昔昔、鮫肌男と桃尻女という映画がありましてですね
2010/07/06(Tue) 20:36 | URL |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック