たまには日曜日でも普通の記事をば。
サンスポ(駅売り)がなかったとか言わない(´・ω・`)

tenko 今日は大阪府の教員採用試験の
一次試験(集団面接)でした。

試験会場は、大阪府立の高校でも
レベルの高い、天王寺高校でした。


大阪府立高校のトップレベル校は、
北野、四条畷、天王寺、大手前、
四条畷、三国丘、岸和田・・・(北から)

でもまぁ、別に入試じゃないし。

ぶっちゃけ、「自分より低レベル」な受験者もいる、
と虚勢を張って、受付を済ませ面接に臨んだ。


時間は逆行するが、とりあえず対策として、昨日のうちに、
去年受かった友達に洗いざらい聞いておくことに。

そうしたら、別に指導要領とか出るワケでもないらしいので、
気軽に受けに行ったんだ。

だって、「小学4年生が『心を育てたい』と言ってきた。どう対応するか」
「中学1年生が、『なんで理科を勉強するん?』と言ってきたときの対応は?」
なんていう質問をされたとしても、正解なんてないし。


家を出る前にユーパン(精神安定剤:頓服)飲むのを忘れたが、
逆にそれで吹っ切れることになった。


今回のうちの班の質問された事項。

・自己PR(1分間)、
・現在の大阪の教育の課題
・小学校から今までに集団で経験した困難・解決法・自分の立場
・最後に所信表明をひとことで。
スポンサーサイト
テーマ:教師のお仕事
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック