安倍内閣の下、12月15日成立。
改正というものの、改悪という意見もありますが、
一応ニュートラルな立場に立つことにします。

とりあえず教育基本法(平成18年改正)は、
第1、2、9条がよく出るらしいので、ここでも紹介しておきます。



(教育の目的)
第一条
 教育は、人格の完成を目指し、
平和で民主的な国家及び社会の形成者として
必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を
期して行われなければならない。


(教育の目標)
第二条
 教育は、その目的を実現するため、学問の自由を尊重しつつ、
次に掲げる目標を達成するよう行われるものとする。


一  幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、
   豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体を養うこと。

二  個人の価値を尊重して、その能力を伸ばし、
   創造性を培い、自主及び自律の精神を養うとともに、
   職業及び生活との関連を重視し、勤労を重んずる態度を養うこと。

三  正義と責任、男女の平等、自他の敬愛と協力を重んずるとともに、
   公共の精神に基づき、主体的に社会の形成に参画し、
   その発展に寄与する態度を養うこと。

四  生命を尊び、自然を大切にし、環境の保全に寄与する態度を養うこと。

五  伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた
   我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、
   国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。


(教員)
第九条
 法律に定める学校の教員は、自己の崇高な使命を深く自覚し、
絶えず研究と修養に励み、その職責の遂行に努めなければならない。

2. (省略)
スポンサーサイト
テーマ:教育
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック