バイト先や講師、あるいは実習中で一番配慮しているのは、
その子どもの家庭環境である。


たとえば、今日のニュースになっていましたが、
大阪市西区南堀江1のマンションの一室で30日未明、
幼児2人の遺体が見つかり、大阪府警は同日午後、
母親の風俗店従業員(23)を死体遺棄の疑いで逮捕した。

「子育てに悩み逃げたかった。育児が嫌になり置き去りにした」




マスコミはこぞって、児童相談所の対応を叩いていましたが、
児童相談所はできる限りのことをやってます。
法律上、相談所だけの権限ではできないことがあるので、
今回のような事件が明らかになったわけです。

ですから、マスコミが伝えるべきは、
そういう社会になってしまっているという矛盾を追及すべきです。
まぁ、できるはずもないことでしょうけれども。



で、まぁマスコミ批判していたらキリがないので、
昨日の話なんですがね。

今のバイト先が、母子家庭でしてね。
結構、母子家庭って多いんだなって思いました。

そうすると、お父さんの話ってなかなかできなくて。
パッと、父母が出てくる話をしてしまって、
「あっ、しまった」と後悔することも多々あります。


昨日は、親御さんが2回離婚した話を聞きました。
お姉さん(高3)と妹(小6)はお父さんが違う。そして離婚された。
きっと姉は男性不信になっていると思います。
正直重い話でした。


で、話題を私に振るわけで。正直困ってしまいます。
女性恐怖症であることは伝えましたが、
それ以上にバイセクシャルなことは言ってもいいのだろうか。
ロリコンではないので、安心して下さいと言っていいものなのか。

うつになったことや、大学~就活~進学までの話をしました。


この先、結婚もせず、育児も経験しないまま教師を続ける時、
きっと、大きな壁にぶつかるのはわかっている。

でも、結婚は今のところ予定がないし、
子どもはできれば作りたくないので、
その信念を貫いていくしかなさそうです。
スポンサーサイト
テーマ:教師のお仕事
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック