イケメンかどうかなんて、その人の基準次第だろう?



私だって、イケメンは好きだわさ。
でも、いわゆるイケメンといわれる人(芸能人でもいい)でも、
食いたくなるような好きな顔と、何とも思わない顔がある。



それなのに、何をどう見間違えているのか、
私に向かって「イケメン」という言葉を当てはめようとする人が
これまで何人かいた。まぁ片手で足りるほどだ。



1人は大学の友人。
もうとっくに就職して結婚もして、
「リア充この野郎、爆発しろ」と思ってしまう、
そこそこ可愛げがあって劇団にも所属するような、
一般的にいってイケメンと呼んでもよかろう人物。

「hは、よく見たらイケメン」

若干、ケンカ売られているのかとも思える。
でも、こやつは結構軽いヤツなので発言もあまり信用できない
(友人と書いておいてひどい扱いである)。



そして今日、とらのあな秋葉原本店B館の女性向同人誌コーナーで
すれ違った腐女子2名(2人で1名扱いとする)。

君たちのすれ違った後の会話ははっきり聞こえていた。

腐A 「ねぇちょっと今の人・・・」
腐B 「イケメンなのに、ここ(女性向け)?」



男同士で絡み合うのが好きなんだからいいじゃねーか。
なにか? 人の趣味に文句つけるわけ? 差別?


まぁ、別にいいけどさ。。。
残念なイケメンでもそれはそれでありだろう。
スポンサーサイト
テーマ:どうでもいい話
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック