国内最大の前方後円墳・仁徳陵古墳周辺で
旅館と偽りラブホテルを経営したとして、
大阪府警保安課などは21日、同市堺区のホテル「アダージョの森」と
経営会社「LEAP(リープ)」(大阪府箕面市)を
風営法違反(禁止地域営業)容疑で捜索したと発表した。

loveho5 同古墳は、世界文化遺産の
 国内候補地リストに入った
 「百舌鳥・古市古墳群」のひとつ。
 (読売新聞)
 ←問題となったホテル


いやさぁ・・・。
南海三国ケ丘の駅周辺にホテルいっぱいあるよ?

loveho6  まず北側にはAnne.B。
 しかも、なんとこのホテルの横は、
 生洋菓子専門店+カフェ(ル・グランシャリオ)。
 スイーツ(笑)おいしいです^q^


また、南海高野線の線路沿いには3軒。
loveho2 loveho3 loveho4

loveho1  阪和線の西側には、
 つぶれたホテルが1軒。

 結構大きいことが分かる。



ということで6軒のホテルがある(閉店したのも含む)。

まぁ、府立大学の東側へ出たところに1店あるけど、
府大生御用達になっているみたいだし(=アンビアンス)。

まぁ三国は完全にホテル街を形成してるねえ。
堺東(「ガシ」)でひっかけた姉ちゃんとかと来るんですかねぇ。

私はまだ入ったことがないんで、
ラブホ(ブティックホテル、ファッションホテルなど)が
どんな所かまったくわかりません!
ちくせう! くやしいのう、くやしいのう!


で、ここでちょっとまじめな話です。

まぁなんというか、ラブホがどうこうという前に、
世界文化遺産の国内候補地リストに入っている
「百舌鳥・古市古墳群」筆頭の仁徳天皇陵ですが、
古墳は宮内庁管轄だから、というのもあって、
まったくもって文化遺産的価値があるかどうかという話です。

空から見れば、前方後円墳、前方後方墳とかも、
しっかりわかるんですけれど、仁徳陵なんて、
周囲が完全にうっそうとした森を横に見てのランニングコース。
出来心でお堀に入ったり釣り糸を垂らしたりした瞬間にお縄。

こんなんで文化的遺産と言えるのかが問題なのです。
ギザのピラミッドやスフィンクスが文化遺産に登録されているのは、
見た瞬間、それが何であるかがわかるからです。

そんな世界の文化遺産と比べると、
日本独自の古墳も文化的価値があるとしても、
それを外国の人に見てもらったところで、
理解してもらえるかということです。

まぁその点をクリアしないと、ずっと登録はされないでしょう。
スポンサーサイト
テーマ:大阪
ジャンル:地域情報
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック