阪堺電車の大和川電停から以南の堺市エリアを、
堺市がバックアップすることが決まったので、
なんとか廃線の危機からはちょっと抜けました。


その上、なんとこんな記事も。

「京都に行っても神社は見ない」という外国人観光客

円高で海外から日本を訪れる観光客の出足が鈍るなか、
約2週間で約60万円という豪勢なツアーを満喫している外国人たち。
国籍は欧米などバラバラだが、共通するのは「鉄道ファン」

まずは千葉県内でJR成田線の青とクリーム色をした
「横須賀色」旧型車両(113系)に乗車。

参加者の1人で、全米鉄道歴史協会のグレゴリー・モロイ会長も
「今回のツアーはすべてが興味深いので、
 どれが目玉になるか答えられない。多くの国を旅したが、
 日本の鉄道は車両が良い状態で残っている。驚いた」
と興奮気味に話す。

一行はその後、北海道で札幌市電やSL、
北海道開拓の村・馬車鉄道に乗車し、
豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス」で一気に大阪へ移動。

日本を離れる31日まで、電車やSLやまぐち号、
熊本市電など路面電車やSLを中心に、
マニアックな行脚を続けるという。
Business Media 誠 より)



2週間の滞在費込みで、その上、
トワイライトに乗れるんだったら、60万でも普通やん、
と思ってしまうんだけど。変じゃないよね?

ていうか、113系とかこの前中央線を引退した201系とか、
まだ大阪に来れば見られますけどw
(前者は阪和線、後者は大阪環状線)


で、まぁ話は阪堺電車に戻すとして、
結婚式とかの2次会で貸切特別車もたまに見かけるけれど、
いろんな人に阪堺電車は愛されてほしい。
お金に余裕ができたら、また「愛する会」に入ろう。

海を渡ってカナダ(エドモントン市)では
阪堺電車の車両が現役で走っているらしいです。

また、堺市中区深井の「Tetsu-cafeレトロ 堺店」では、
運転台から前を切り取って店の顔にしちゃってます。
正直、前を通る時は驚きますが、やはりいいですね。
スポンサーサイト
テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック