何が地球外生命体なんだか。

「アポロ計画も本当はただの映画だったのではないか」
という感じに揶揄されているNASA(アメリカ航空宇宙局)が、
「地球外生命体について」とでかでかというモノだから、
少しは何かわかったのかと期待していたのに、
ものの見事に肩透かしを食らった感じです。


とはいえ、これまでの生物学の常識を覆す発見で。

DNAに リン P の代わりに ヒ素 As を使う細菌を発見したこと。
DNA(デオキシリボ核酸)は、いわゆる遺伝情報を掌る正体。

これまでは、炭素C・水素H・酸素O・窒素N・リンP・硫黄Sの
6元素で生物はほとんど構成されている、という見識だった。

それが、Pの代わりに周期が1つ下にいったAsで、
DNAを構成することのできる細菌を見つけた。


しかし、どう考えても地球上で絶対量がP>Asなのは変わらない事実。
原子量の大きい物質を核融合反応させて作り出すには、
それだけ大きいモノどうしを高エネルギーで衝突させる必要があるから。

もしリンよりヒ素の方が多い天体が存在するなら、また変わるけど。


火山の噴火口や原子力発電の原子炉にだって、
細菌などの微生物はいるんだから、
別に化学的性質の似ているリンとヒ素が代わっても、
あんまり驚かないかなぁという感じです。
スポンサーサイト
テーマ:自然科学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック