国語総合の試験監督で問題を見ていると、最後に古文がありました。
そのときの文章が気になったので、頑張って勉強しようと思います。
皆さんも、平安時代の恋愛事情について、体感していただければと思います。

 

 昔、田舎わたらひしける人の子ども、井のもとにいでて遊びけるを、
おとなになりにければ、男も女も恥ぢかはしてありけれど、
男は「この女をこそ得め。」と思ふ。
女は「この男を。」と思ひつつ、親のあはすれども聞かでなむありける。

さて、この隣の男のもとより、かくなむ、

  筒井筒(筒井つの) 井筒にかけし まろがたけ
        
過ぎにけらしな 妹見ざるまに

女、返し、

  くらべこし 振り分け髪も 肩すぎぬ
       君ならずして たれかあぐべき

などと言ひ言ひて、つひに本意のごとくあひにけり。

 

 

<直訳:ちょっとだけわかりやすく意訳>

 昔、ある田舎の子どもたちが、お外にある井戸の周りで遊んでいたんだが、
大人となったので、男も女もお互いに恥ずかしがってはいたんだけれど、
男は「この女と結婚したい」と思っていた。
一方の女は、「この男を(生涯の伴侶としたい)」と思い、
親が他の人と結婚させようとするけれども、聞き入れようとはしなかった。

 さて、隣のこの男から、このような歌が贈られてきた。

 井戸の周りの筒(=落下防止用)と私の背丈を比べていたら、
 いつの間にやら私の背丈の方が高くなってしまったんだなぁ。
 親愛なるあなたを見ていないうちに。
(背丈も大きくなり、大人になったんですよ、というアピール)

 それに対する、女の返歌。

 比べてきた振り分け髪(おかっぱ頭)もすっかり伸びて、肩を越えてしまいました。
 あなたがやらずして、誰が私の髪を上げてくれるのですか?
(私が大人になった儀式を行ってくれるのはあなたしかいませんよ、という返答)

などとお互いに言い合って、結局、2人の本望どおり結婚することとなった。

 

<より鑑賞しやすくするための解説>

・わたらひ ― 生活をすること
・あはすれど(逢はすれど) ― 結婚させようとするけれど

・井筒 ― 円い筒の枠をつけた井戸
・筒井 ― 井戸の円い囲いのこと
・まろがたけ(まろが丈) ― おじゃる丸と同じで、「まろ」=「私」。「私の背丈」の意。
・けらしな ― 過去の助動詞「ける」+推量の助動詞「らし」+終助詞「な」の短縮形。
              ⇒「~したらしいなぁ」、「~だったようだなぁ」
・妹(いも) ― さつまいもとか、兄弟姉妹の妹ではない。
          妹(いも)は、親しい女性を呼ぶときの言葉。

・振り分け髪 ― 子どものころにする髪形。髪を肩先で切り、左右に分けていた。
・(髪を)上げる ― 髪を結うことは、大人になったことの証。女性の成人式みたいなもの。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック