ちょっと免許に箔をつけたいと思って、
中型免許の8t限定を解除しようかなと調べ物。

ところがどっこい、この8t限定というのは
かなりお得なものということに気付いたのです。


改正道交法で、平成19年6月までの普通免許は、
「中型(8t限定)」になりました。

この中型自動車の定義を詳しく見てみると、
車両総重量5トン以上11トン未満、
最大積載量3トン以上6.5トン未満、
乗車定員11人以上29人以下の四輪車。


旧の普通免許で運転できる範囲は、
車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満、乗車定員10人以下。

まぁ、普通のトラック(トヨエース)なら積載量4tくらいだから、
あれ以上の大きさや、マイクロバスを運転しない限り、
限定解除する必要はない。


一番重要なのは、現在の制度で中型・大型免許の取得には、
深視力(遠近感や立体感を正しく把握する能力)検査が必要という点。

8t限定ならば、深視力検査が必要ではないので、
更新時は、いつもの穴開きの視力検査だけ。

限定解除した後で、深視力検査にパスできなくなった場合、
免許が普通免許(積載量3t以下)に戻されて(降格)、
4~8トントラックが運転できなくなってしまいます。


なので、免許マスターで、たくさんの種類取りたい人や
仕事といった特別の理由がない限り、
8トン限定の中型免許を持っている人は、
限定解除する必要はないということです。

それでもしたい人はやればいいと思いますけどね。
スポンサーサイト
テーマ:運転免許
ジャンル:車・バイク
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック