伊勢物語、第23段の前回からの続きです。

 1回目は、田舎に住む男の子と女の子が、幼馴染同士、
お互いにこの人と結婚したいと思っていて、晴れて結ばれました。

 さて、これからこの2人はどうなるのでしょうか?
では、続きをどうぞ。

 

<本文>

 さて、年ごろ 経るほどに、女、親なく、頼りなくなるままに、
「もろともにいふかひなくてあらむやは。」
とて、河内の国、高安の郡に、行き通ふ所いできにけり。

 さりけれど、このもとの女、「あし。」と思へる気色もなくて、
いだしやりければ、男、
「こと心ありてかかるにやあらむ。」
と思ひ疑ひて、前栽の中に隠れゐて、河内へいぬる顔にて見れば、
この女、いとよう化粧じて、うちながめて、

  風吹けば 沖つ白波 たつた山
      夜半にや君が ひとり越ゆらむ

とよみけるを聞きて、限りなくかなしと思ひて、河内へもいかずなりにけり。

 

<直訳:ほんのり意訳もプラス>

 さて、長い年月が経って、女の親が亡くなり、
当てにするところがなくなって、経済的に困ってしまっていたうちに、
「お互いがどうしようもなくなってええもんか、いやアカン(反語)」
と男は考えて、河内の高安へ行き通うところ(=現地妻)ができてしまった。

 そうではあるけれど、このもともとの女は、
「ひどい」と思っている様子もなく、男を行かせてやっているので、
男は、「浮気心があるのだろう(から、このように振舞っているのだろう)」と疑って、
前栽(せんざい:庭の植え込み)に座って隠れ、高安へ行ったフリをして見ていると、
この妻は、大変きれいに化粧をして、物思いに耽りながらふと景色を眺めて、

  風が吹くと沖で白波が立つという竜田山を、
  こんな夜中にあなた様はたった1人で越えているのでしょうか。

と詠んだのを聞いて、この上なく愛しいと思って、現地妻のもとへも行かなくなった。

 

 

<よりよく鑑賞するための解説>

・親なく、たよりなくなる ― 昔は、妻側の親がいろいろと家庭のことをしていたので、
                そのアテにしていた親が亡くなってしまうと、
                経済基盤がなくなることになるので、困窮してしまう。

「もろともにいふかひなくてあらむやは。」
・もろとも(諸共に) ― 2人がともに
・いふかひなし ― 言っても意味が無い、どうしようもない、情けない
・あらむやは ― 動詞「ある」+推量の助動詞「む」+反語の係助詞「やは」
            ⇒「~であろうか、いや、そうではない」
・河内の国、高安の郡 ― 現在の大阪府八尾市。Wikipediaに詳しい。近鉄大阪線高安駅付近

 

・こと心(異心) ― 他の人への想い。浮気心。

 

「風吹けば 沖つ白波 たつた山 夜半にや君が ひとり越ゆらむ」
・風~白波 ― 「たつ(立つ)」にかかる序詞。
・たつた山 ― 「竜田山」と「立つ」の掛詞。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック