さて、伊勢物語 第23段もこれで最後です。

 前回は、女の親が亡くなってしまい、経済的に困ってしまったので、
当てになるような女を高安で作った男。

 しかし、妻の愛情を再確認して、胸キュンになった男。
残された高安の現地妻は、このまま黙っているはずがない。

 さて、この三角関係(男が一方的に悪いが)はどう決着させるのか・・・!?

 

 

 まれまれかの高安に来て見れば、
初めこそ心にくくもつくりけれ、今はうちとけて、手づから飯匙(めしさじ)とりて、
笥籠(けこ)のうつはものに盛りけるを見て、心憂がりて、行かずなりにけり。
さりければ、かの女、大和の方を見やりて、

  君があたり 見つつを居らむ 生駒山
      雲な隠しそ 雨は降るとも

と言ひて見いだすに、からうじて大和人、「来む。」と言へり。
喜びて待つに、たびたび過ぎぬれば、

  君来むと いひし夜ごとに 過ぎぬれば
      頼まぬものの 恋ひつつぞ経る

と言ひけれど、男住まずなりにけり。

 

 

<直訳:ほんのり意訳をプラス>

 たまたま例の高安に来てみると、
男が通い始めた頃は奥ゆかしくもそれらしく装っていたにも関わらず、
今では気を許し、自分でしゃもじを取って、ご飯をお茶碗に盛っているのを見て、
男は残念で情けなく思って、行かなくなってしまった。

そういうわけで,寂しくなった高安の女は,大和(奈良)の方を見やって、

 あなたがいる辺りを見ながら、(待って)いましょう。
 雲よ、あの生駒山を隠してくれませぬな、たとえ雨が降ったとしても。

と詠んで外を眺めていると、やっとこさ大和の国の男が
「来よう(行こう)。」と言ってきた。
女は喜んで待っていても、まったく来ず終いで、むなしく日々が過ぎたので、

 「来よう」と貴方がおっしゃった”夜”が来るたびに(=毎夜)お待ちしますのに、
 あなたはいらっしゃらずにむなしく過ぎてしまうので、
 (来るとは)当てにはしてないものの、恋しく月日を過ごしております。

と詠んだが、男は通ってこなくなってしまった。

 

 

<よりよく鑑賞するための解説>

・まれまれ ― 偶然、たまたま
・笥籠(けこ) ― 食べ物を盛る器

・雲な隠しそ ― 「・・・な~そ」の形で、「・・・よ、~するな」の禁止の意味。

・住む ― 男が女のもとに通って、夫婦生活を営むこと。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック