百首歌たてまつりける時、恋の心をよめる

長からむ 心も知らず 黒髪の
 乱れてけさは ものをこそ思へ

              ――待賢門院堀川 「千載和歌集」


<直訳>
百首の和歌を詠進したときに、恋心を詠んだ歌

昨夜契りを結んだあなたは、末永く変わらないであろうとおっしゃいますが、
心の内がわからないので、お帰りになられた今朝は、
私の黒髪のように思い乱れて、物思いに悩んでいるのです。



・文法など
「黒髪の」は「乱れ」にかかる序詞(枕詞)。
「長し」・「黒髪」・「乱れ」は縁語。
「乱れて」は、「心が乱れて」と「髪が乱れて」の掛詞。

「長からむ」=「長から」+「む」
→「長し」の未然形+婉曲の助動詞「む」
⇒末永く変わらないだろう


作者、待賢門院堀河
昨日の崇徳天皇の生母、待賢門院に仕えた。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック