四日。楫取り、「今日、風雲の気色はなはだ悪し。」と言ひて、
船いださずなりぬ。しかれども、ひねもすに波風立たず。
この楫取りは、日もえはからぬかたゐなりけり。

 この泊りの浜には、くさぐさのうるはしき貝、石など多かり。
かかれば、ただ昔の人をのみ恋ひつつ、船なる人の詠める、

  寄する波うちも寄せなむわが恋ふる人忘れ貝下りて拾はむ

と言へれば、在る人の堪へずして、船の心やりに詠める、

  忘れ貝拾ひしもせじ白玉を恋ふるをだにもかたみと思はむ

となむ言へる。女子のためには、親幼くなりぬべし。
「玉ならずもありけむを。」と人言はむや。
されども、「死じ子、顔よかりき。」といふやうもあり。

 なほ、同じ所に、日を経ることを嘆きて、ある女の詠める歌、

  手をひてて寒さも知らぬ泉にぞくむとはなしに日ごろ経にける



 承平五年(935年)如月四日。
船頭(舵取り)が、「今日の風や雲の様子がひどく悪い」というので、
船を出さないことになった。しかし、1日中波風は立たなかった。
この船頭は天気も予測できないアホやで、ホンマに。

 この停泊している浜には、いろんな美しい貝や石が多くある。
こういうわけなので、(任地の土佐で)亡くなった女の子のことを
恋しく思って、船にいる人が詠んだ歌が、

  打ち寄せる波よ、忘れ貝を打ち寄せておくれ。
  亡くなった子を忘れるために、拾いに降りて行くから。

というと、ある人がこらえ切れなくなって、
長い船旅の気晴らしに詠んだ歌が、

  忘れ貝は拾うまい。白玉(=真珠)のようなあの子を恋しく思い、
  それだけでもあの子の形見だと思おう。

といった。死んだ女の子に対しては、
親は子どものようになってしまうようだ。
「珠ほどでもなかっただろうに」と、人は言うだろうか。
それでも、「死んだ子は、顔がよかった」と言うこともある。

やはり、同じ場所で日を過ごすことを嘆いて、ある女が詠んだ歌、
  手をつけても冷たさを感じられない泉、
  その和泉の国で、水をくむでもなく日を過ごしてしまった。

スポンサーサイト
テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック