探偵!ナイトスクープで、
「ヤリキレナイ川は何がやりきれないのか」、
という依頼がありましたが、結局のところ、
石狩川水系、夕張川の支流の一級河川でした。

アイヌ語で、「魚の住まない川」を意味する「ヤンケ・ナイ」、
または「片割れの川」を意味する「イヤル・キナイ」が、
語源ではないかという風に考えられている(Wikiedia参照)。


しかし、今回の東北地方太平洋沖地震(東北関東大震災)で、
いろいろと悲しい情報ばかり目にします。

やはり治安の悪化が懸念されます。
ビートたけしも、生放送の番組中に、
「日本人としてのモラルはどこに行ったのか」と嘆いていました。


連日、原発の影響などについてTVが垂れ流していますが、
実際どこまでが影響を生じるのか。

燃料となるウラン235から
放射性ヨウ素131(半減期8days)と、
放射性セシウム137(半減期30ys)などが、
どうやら漏れているようですが、ウランを核分裂させると、
さまざまな物質が生成されます。

核分裂反応が進んでβ崩壊しても、
ベータ線の正体である電子(または陽電子)は、
透過性は低いとはいえ、目に見えないものですから、
そう簡単に安心できるものではありませんね。

それに、どうも情報が明らかにされずに隠ぺいされている気がして、
上層部や役人に不信感を抱かざるを得ない状況であります。


また、被災された地域の方々はどうしているのでしょう。
もっと必要な情報を流してほしいです。

福島第1原発から半径30km圏内は、屋内退避指示ですが、
いわき市では、北部のほんの一部が圏内に入ってしまうがため、
風評の影響で、中心部にも流通が来ないそうです。

エガちゃんは自分で車を運転して物資を届けに行ったそうですが。


そんな中、アメリカのニューヨークタイムズ紙が、
ネット配信として、被災地での写真を公開しました。

見たい人は、同紙HPの「Crisis in Japan」という見出しから。
好奇心だけで見るのはやめて下さい。

日本のマスメディアでは決して流されることのない、
犠牲になってしまった方々のご遺体が、
体育館などで並べられて安置されている場面の写真。
あるいは津波にのまれてしまって、
家の中でそのままの様子でお亡くなりになっていられた方。

どうして、死にたいとわめく人間が生きていて、
死ぬ必要のない人間が犠牲となっていくのか。

五体満足に生きていられるだけで涙し、
パニックで泣きだしてしまう人もいれば、
決してもう戻らない愛すべき人を失った人もいる。


地震当日、NHKで、名取川を遡上する津波を上空から流してました。
あれをワンセグで見ただけでも、辛くいたたまれなくなり、
電車の中で泣いてしまいそうになりました。

阪神のときに、直接被害があったわけではないけれど、
今回は東日本を助けなければならない。

関東にも東北にも知り合いはいるから。そうではない。
知り合いでなくても、見知らぬ人が阪神の時に助けてくれた。
だったら今回はそのお返しをしなければならない。

いまできるのは、募金や献血、節電くらいしかないけれど、
それが、ただの偽善と笑われてもいい。
だけど、批判だけして誰の役にも立たないよりマシと思う。
スポンサーサイト
テーマ:地震・災害対策
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック