ソフトボールや野球の試合を見ていると、
よくスライディングをする光景を見かける。


「スライディングは何のためにあるか。」


それを語る前に、どうしても断りを入れなければなりません。
というのは、ゴロを打った打者走者が1塁を目指す場合、
1塁ベースを駆け抜けるのが一番速いんです。

つまり、1塁を目指して走っているときにセーフを狙うなら、
スライディングする必要はないわけです。
送球より早く踏めばそれで出塁(=内野安打)ですから。

スライディングすることによって、
ダッシュしてきた速さを落とすことになる上、
下手するとケガの原因につながることもあります。


では、あえてスライディングすることの意図を考えていきましょう。

1塁走者が2塁へ向かうというように、次の塁を狙う時に、
前の塁に走者がいなければタッチプレーになります。

その際、野手からのタッチを逃げるため、
あるいは送球の邪魔をするためにスライディングを行います。

プロ野球などでは、ダブルプレーを防ぐために、
1塁走者があえてベースに向かうコースから外れて
野手(ショートorセカンド)に向かってスライディングをすることがあります。
1塁手に投げにくくし、併殺を免れるためです。

戦術的にこれは守備妨害になりません。
野球規則とかを見てみると、黒に限りなく近いグレーですが。
露骨で悪意が認められる場合は守備妨害をとられるので、
ソフトボールで、スライディングをする意図は、
「野手のタッチを回避する」ことにあります。



さて、スライディングでも、手からいくヘッドスライディングと、
足からいく普通のスライディングがあります。

世界の盗塁王、福本豊氏はケガをしない選手でした。
彼に言わせればヘッドスライディングはケガのもとであり、
帰塁や進塁の際のスライディングは「足から」とよく言っています。


では、足からのスライディング方法ですが、
右利きの人を基準にして説明します。左利きの人は逆です。

・左脚は折って右脚の下へ(4の字の形)
・右脚を伸ばして、足を内側に倒す(かかとを立てるとブレーキがかかる)
・お尻からすべるこむような感じで行う


最初は芝生の上や、砂場などの
柔らかいところで練習することをお勧めします。


まずは三角座り(体育座り)の姿勢から、
次は地面に手をついてお尻からスライディング、
ちょっと勢いをつけてスライディング、
さらに助走してスライディングというように、徐々に距離を伸ばしていきます。

練習から自分にあったタイミングなどをつかんで下さい。
スポンサーサイト
テーマ:ソフトボ−ル
ジャンル:スポーツ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック