恋の歌とてよめる

夜もすがら 物思ふころは 明けやらで
 閨のひまさへ つれなかりけり

              ――俊恵法師  「千載和歌集」


<直訳>
恋の歌というお題で詠んだ歌

一晩中、つれない相手のことを思い悩んでいる今日この頃は、
夜が明けることだけが唯一の救いなのに、なかなか明けないで、
朝になれば光のもれてくる寝室の戸のすき間までもが、
まだ夜だといっているので、無情に思えてくるものだ。



・語句など
「夜もすがら」は、一晩中や夜通しという意味の副詞。
「ひま(=隙)」は、戸などのすき間のこと。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック