なんかよくわからないけど、
これまで使っていた、「xxx.yyy.zzz.ttt」で表わされる
IPアドレスversion4が枯渇してしまったので、
新しいversion6に6月8日の9時(JST)から移行されます。

その際に、ユーザーのおよそ0.2%に当たる人に、
接続障害が起こると予想されています。

障害にはOS(WinXP SP1など)やプロバイダーなど、
複数の要因が考えられるので、
障害によるネット接続ができない環境では、
翌9日の朝9時まではガマンということになるそうです。



とりあえず、今のネット環境でIPv6移行時に、
ネットが繋がるかどうかを調べるのに、
Yahooなどでは、テストページを用意しています。
アクセスしてみて、問題なく表示される場合は、
8日からの移行の間もネットは繋がる模様です。



また、IPv6では自分の回線がどのようなアドレスになるか、
ちょっと調べてみたいな、と思われる方は、
「コマンドプロンプト」を実行し、「ipconfig」と入力して実行。

すると、自分の今のIPアドレスが表示されます。


1回見たら、「ああ、こんなんなんだ」という風に思えるだけです。
スポンサーサイト
テーマ:インターネット
ジャンル:コンピュータ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック