タイトルとは全く関係ないんですけど。


ふーっと、電車の中で考えていた。
いまある日常も、いつかは非日常に変わるんだと。


気がつけばもう20代後半。四捨五入で30。
しかもいまだに正採用ではない。恋人もいない。


何かに打ち込むこともない。
趣味といえる趣味も特にない。


お酒が飲めなくて、バカ騒ぎするのが好きじゃない。
人と接するのも苦手だから、付き合いはごくごく狭い。

いわゆる「付き合い」で、飲み会に誘われるけど、
行ってもあまり楽しくないし、空気にもなれずに場を盛り下げるから、
自分から断ってるけど、そのうち誘いの声もかからないだろう。


このままいけば、「仕事のためだけに生きる」、
っていえば格好もつくのだろうけれど、
それができるかどうかもわからないから何も言えない。

できたとしても、どこでも孤立しているだろう。



やがて親もいなくなり、友人も減っていくだろう。
そんな時、誰がそばにいてくれるというのか。

女性関係ははっきり言ってどうでもいい。
性欲がなく、子どもも欲しくないというのもそうだけど、
私自身の根がこんな性格だから、
あんまり近づいてきてほしくないんだよね。
スポンサーサイト
テーマ:生き方
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック