「徒然草 (吉田兼好)」 第116段 「寺院の号」より

寺院の号、さらぬ万の物にも、
名を付くる事、昔の人は、少しも求めず、
ただ、ありのままに、やすく付けけるなり。

この比は、深く案じ、才覚をあらはさんとしたるやうに聞ゆる、いとむつかし。
人の名も、目慣れぬ文字を付かんとする、益なき事なり。

何事も、珍しき事を求め、異説を好むは、浅才の人の必ずある事なりとぞ。


<適当な意訳>
昔の人は、お寺の号だけではなく、いろんなモノにも、
名前を付けることには少しも頓着しないで、
ただ単にありのまんま、気軽に付けていたものだ。

これと比べて、深く考えて、
教養があるように見せるようにするのは、非常に厭らしい。
人の名前も同じで、見慣れない文字をつけようとすることは、
(その付けられた人にとって)何の得にもならない。

何事にも、珍しさを求めて、けったいなことをするのが好きなのは、
浅知恵の教養のない人がやることなんですわ。


永久恋愛で「えくれあ」ちゃんは、
巧く読ませたなと思ったけど、食べ物かよ。

本当に子どもをペットか何かと思っているのかね。

アホの親のもとで育つのは、アホになりやすいんだけど、
親は子どもを選べるけど、子どもは親を選べない。

やめようや、そういうの。
とりあえず読める名前にしてやるのが子どものため。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック