まあ、夏休みの自由研究として宿題を課された皆さんにとって、
「何をするか」っていうのは毎年頭を悩ませるものです。

自由っていうから、逆に難しく考えてしまうだけで、
単に自分の興味のあることを追究すればいいのです。

それこそ、ラブホテルの歴史や特徴なんて、
誰が研究するんだと思ったら、
実際に博士課程まで研究した人がいます。



まぁ私は理系を専門にしているので、
理系での「自由研究」の一例をご紹介したいと思います。


・発泡スチロールの箱を溶かす実験<難易度1>
用意するモノ:トロ箱(魚屋さんでもらおう)、柑橘類

実験の目的:「発泡スチロールの性質」

実験の方法
発泡スチロールの箱にミカン(オレンジでもなんでも可)の皮を
ひねって(しぼって? ねじって?) 何滴か落とす。
それ以後の様子をじっと観察する。

考察 なぜそのような結果になったのかを考える。

※発展 → 発泡スチロールを加熱するとどうなるか。


・缶詰のミカン作り<難易度2 危険性あり>
用意するモノ:みかん(オレンジ)、塩酸、水酸化ナトリウム水溶液

実験の目的:商業用缶詰ミカンができるまで

実験方法
1.みかん(オレンジ)の皮をむく。
  白い皮(じょう嚢)はそのままでバラバラにし、一度加熱する。

2.薄めた塩酸に5分ほど漬ける。
3.次に薄めた水酸化ナトリウム水溶液につける。
4.何度か水を変えて洗う。

考察 ミカンの皮はどうなったか。
    塩酸につけたとき、水酸化ナトリウム水溶液につけたとき
    それぞれでの変化を記録する。

※安全への配慮
塩酸や水酸化ナトリウムは危険ですので、
必ず大人の人とやりましょう。
特に水酸化ナトリウムは皮膚を侵すので、
気になる人はゴム手袋をした方がいいでしょう。


・ペルセウス座流星群を観測しよう<難易度0>
8月12日前後に毎年見ることのできる、
ペルセウス座流星群について調べてみよう。

なぜ、流星が起きるのか?
どこなら見やすいのか。
というか、なんで毎年見られるのか?

ロマンはありますが、時間がかなりかかります。
それでも、都市部でも1時間に数個は見られます。

※寝転がれるなら、その方が首が痛くなりません。
スポンサーサイト
テーマ:自然科学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック