台風12号(タラス)の影響でダイビングの計画が変わり、
白崎(和歌山県日高郡由良町)から、
琵琶湖(滋賀県長浜市)になりました。

泉北有料道・阪和道・近畿道・名神・北陸道と乗り継いで、
滋賀県の木之本インターで降りてポイントへ。
詳しい位置はこの辺


雨は降るわ、湖面は波立ってるわで、
こんな状況で潜るのかと思っていました。
まあ雨は、どうせ濡れるから気にならないのですが。
湖面が波打ってるのは流されそうで怖いです。

まぁ、どっちかというと、高速で風にあおられているのに、
車線の左に寄り続ける行き帰りの運転の方が怖かった。

 

ウェットスーツに着替えて、実際に入ってみると、
水面の透明度(視界)は50cm~1m程度でした。

なので岸からだいたい5mくらいのところでちゃぷちゃぷしてました。

 


だけど、また、溺れていました。。。

 


足が付きそうでつかない深さって、一番怖いです。
落ち着いてBCD(ライフジャケットっぽいもの)に空気を入れれば、
浮いていられるのに、 もがいてました。必死でした。
水死って苦しいんだなと思いました。

自慢じゃないけど、中1の時にも、
浜寺公園の深さ1.5mのプールでも溺れてます。
I.S.S.で5級(バタフライ、クロール100m以上)取ってるんだけどなぁ。

 

その溺れたのが、マスククリア
(マスクに水を入れて、空気で追い出してくもりをとる)で、
下手くそだから、全然水が抜けていないのに、
目を開けてしまったので、右のコンタクトレンズが外れて流失。

ただ外れるだけならマスクに残るんですが、
マスククリアは、曇ったときに、マスクの上部を開けて水を入れる。
そして下を開けて鼻から空気を送って水を追い出す。
また、マスクを1回脱いで着けて、をやってて流れたんだと思います。


そして、右の1kgのウェイト(おもり)もどっかに行っていました。
BCD(浮力を得るジャケット)のポケットに入れてチャックしていたのに、
気がついたらなぜかチャック全開になっていて、
これもまたどこかに沈んでいると思います。びわ湖ごめん。

どこでチャックが開いたのかがわからないので探しようもないし、
水の透明度が50cmしかないので潜っても見渡せない。

どこにいったんだろうね。。。

とりあえずウェイトが無いとBCDやウェットスーツの浮力で、
重力<浮力となって沈めなくて仕方ないから、
湖底の石を適当に入れておもりにしていました。



帰りに、一緒にライセンス取っている友達に、
「イルカさんと一緒に泳ぎたい!」って言ったら、
「アドバンス・オープン・ウォーター(AOW)取らなアカンで」って
いわれてしょぼーん(´・ω・) ってなった。

だってぇ、まだ溺れてるような未熟者に、
コンパス使って1周泳いでこい、とか
20mを10回キックするだけで泳げ、とか
船からのエントリー(TVでよく見る、背中から飛び込むヤツ) を
やるって、普通に考えて無理じゃーん。


むぅ、イルカさんと泳ぎたいなぁ。。。

スポンサーサイト
テーマ:スクーバダイビング
ジャンル:スポーツ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック