「をぐら山春秋」という商品名のおかきがありまして、
それに入っているプラ製の容器に小倉百人一首の1首が印刷されています。

その100首のうち、恋の歌をピックアップして、
訳とかを付けて面白おかしく紹介しようというモノです。

あ、おかきの詳細はコチラで。




今日は第62番歌です。



夜をこめて 鳥のそらねに はかるとも
  よにあふ坂の 関はゆるさじ
             ――清少納言



まずこれだけでは意味がわからないと思うので、
ちょっと補足してからこの歌の訳をつけます。




権大納言行成、物語などし侍りけるに、内の御物忌みに籠もればとて、急ぎ帰りて、
つとめて、鶏の声にもよほされてと言ひおこせて侍りければ、
夜深かりける鶏の声は函谷関の事にやと、言ひつかはしたりけるを、
たちかへり、これは逢坂の関に侍る、とあれば、詠み侍りける


夜をこめて 鶏のそら音は はかるとも
  よに逢坂の 関はゆるさじ (心かしこき関守侍り)


                       「後拾遺和歌集」より



藤原行成(清少納言と仲のよかった数少ない男性)と、夜遅くまで話し合っていたら、
行成が「やっべ、日が変わったら内裏で物忌に服せなアカンねやったわ!」と、
思い出してあわてて帰っていった。

夜が明けてから、
「ごめんー、夜通しでお話したかったんだけど、ニワトリが鳴いたから帰ったねん」と、
使いをよこして言いにきたので、その返事として、
「あら、深夜に鳴くニワトリだなんて、函谷関でのニワトリのことかしら」と言った。

さらにその返事として、行成は(打てば響く才女からの返事に気をよくして)
「ちゃうてー・・・、あなたとの逢瀬という意味の逢坂の関のことですよ(むふ」
と言ってきた。


なので、清少納言はこう詠んだ。

夜も明けないうちに、ニワトリの鳴きまねをしたところで、
中国の函谷関ならともかく、私との逢瀬という意味の逢坂の関は決して開きませんことよ。
(しっかりした関守だっているんですから!)




とまぁ、ここで終わってもいいのですが、
さらに、清少納言の歌への返しがあります。


権大納言行成

逢坂は ひと越えやすき 関なれば
  鶏鳴かぬにも あけてまつとか



逢坂の関は、関守もいないから越えやすい関所なので、
ニワトリが鳴かなくても、いつでも開いて待っているものですよ。
つまり、あなたはいつでもOKな尻軽女じゃない? ってこと。


とまぁ、このように苦し紛れにも、失礼な歌を詠んだ藤原行成は、
歌を詠むセンスがあまりなかったそうな。



さて、函谷関の説明をしなければなりません。

函谷関は中国にある関所で、故事によれば、
とある孟嘗君一味が秦から斉へ逃げようとしたときに、
この函谷関という関所に深夜にぶち当たった。
しかし、この函谷関は朝にニワトリが鳴いて、初めて関守が開ける。

「困ったな、追っ手が来るぞ」、と考えているときに、
食客の1人が「私がニワトリを鳴かしてみせる」といった。

そういうとこの男は、ニワトリの鳴きまねをした。
すると、近くにいたニワトリが次々と鳴き始めた。

こうして、関所は開き、孟嘗君は斉へ逃げることができた。

詳しくは、「鶏鳴狗盗」で調べてみてください。




清少納言の歌に戻りますが、実はこの歌は、ただ単なる男女の友人間でのやり取りなので、
「コイウタ」とはあまり関係ありませんが、まぁ少し取り上げてみました。

なので、いつものアレはなしです。


<文法>
「とも」 逆説の接続助詞
「よに〜(打消)」 「決して〜ない」
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック