ものすごく不安定な状態だけど一応書いておく。

不安定といえば簡単な言葉だけど、
どういう状況かを説明するのは少し難しい。


まずは虚無というか空虚というか、なんかそんな感じ。
何をするにも気が入らない、やる気が起きない。
これはもう、浮き沈みの波があって仕方ないことで、
だましだましで寛解に向かうのを我慢するだけ。
だけど、いつまで続くのかわからない不安。

もしそれが満たされる何かがあるとするならば、
きっと人の温もりというものではないかなと。
ぎゅーーーっと抱かれたいし抱きつきたい。

だけど、満たされたらそれでいい、って思ってしまうから、
誰かを自分の勝手で拘束したくない。



今日、部屋でボーっとしていたら、呼ばれた。
何となく聞き覚えのある声だったけど、
一応、ルールに従って「どこの誰ー?」と言った。

「先生が3月でいなくなるってきいたから、会いに来た」と。

こやつ、聞くところによると、どうも文転しようとしているらしい。
私の授業を完全に受けずに、一番前の席で本読んでたから、
成績が危うく、追試にしようか悩んだ生徒だ。

だが、この時ばかりは、かわいいなこんちくしょーと思った。

まぁ4月からは異動になるけれど、同じ学校の中にはいるので、
確定してわかっている部分を少しだけ話しておいた。


相手がJKだから嬉しいとかじゃなくて、
単に来てくれるっていうのが嬉しかった。

もしだれも見てなかったら、手を出しただろうか?
あまり見境なくやるとアレだし、口がすべらないとも限らない。

李下に冠を正さずだ。講師の身では不祥事は起こせない
(教諭ならなおさらだけれども)。


でも、本当に抱きつきたくなるくらい嬉しかった。
それはきっと、こんな風に精神的に落ち込んでいるからこそで、
そんな形でしか表現できない出来事だったのかもしれないね。
スポンサーサイト
テーマ:職場でのできごと
ジャンル:就職・お仕事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック