断食系男子だと思っていた、私の偉大なる後輩が
(注:普通にしていても優秀な後輩であるが、
   私があまりにも小さいため頭が上がらない)、

「惚れた女となら、僕もしたいっすよ。」
という発言をしたので、一考したいと思う。


まず初めに、私の性欲のなさから説明したいと思う。
もうこのブログをよく読んでいる人ならご存知かと思いますが
(不定期掲載のこのブログを読んでいる人がどれだけいるのか)、
私には性欲というものがほぼ欠落しています。
睡眠欲はかなりありますが、食欲も控えめです。

欠落というとかなり行きすぎた表現ですね。
食べないとお腹が減ってくると感じる食欲と同じで、
ある程度の閾値を超えると、性欲も表面化しますが、
別にそれが毎日とかじゃなくて1か月に1回くらいとかで、
適当に一人で処理をする(30秒くらいで)。

そりゃ、すんごい快感が得られるなら、するだろうけど、
別に性欲でムラムラっと滾ってきて興奮したりもしないし、
面倒くさいけど事務的に処理しておくかっていうくらい。


あまりに性欲がないので、精神科やら泌尿器科やら行かされて、
それから現在まで、社会不安性障害とうつ病と戦っています。
もちろん自分では変と思っていなかったので、
当時付き合っていた彼女様のご命令でしたが。
「何で付き合ってるのに、してくれないの? おかしいよ!」

でも性欲というのは、本当に個人差が大きいらしく、
性科学会会員の泌尿器科の先生をもってしても、
「性欲を向上させる医学的措置はない」と言われました。


では、なぜヒトはSEXするんでしょうか。
性交渉という行為自体は生殖が目的ですよね。
まぁ生殖だけなら動物の本能ですることであって、
私たち人類は考えて行動することができる。

すなわち、夫婦生活・嗜み、悪くいえば「遊び」でも、
性行為が成り立ってしまうのが人間のそれです。
もちろん、同性間でも同じように成り立つでしょう。


生まれたままの姿で、2人が肌を重ねる。
私はこれはスキンシップだと思う。
抱き合ったり触れ合ったりすることで、
一種の快感と精神的な落ち着き・安心感を得られる。

それはわかる。
問題は、性器と性器のドッキング・ゴーの話。
女性の身体は神秘に包まれているのでよくわかりませんが、
男性の立場からして、気持ちいいか? ってなる。


まぁ一時期は「若かったなー」って振り返れるけど、
最近、じゃあやりましょうか、ってなったときに(訪れるのか?)、
若い時の感じで乳繰り合ったりできるのだろうか。


いよいよアラサーという歳になってきて、
段々と悲観的にしか物事を考えられないこの頃である。
スポンサーサイト
テーマ:セックス
ジャンル:恋愛
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック